ミニバラ育成アーカイブ~08年05月

●また買っちゃった!! (2008/05/01)

    「白バラさんだと思っていたのが、実は色のうっすい黄バラさんだった事件」で、白バラさんへの渇望が増すばかり。
    何でこんなに白バラさんに執着するか? というと…去年行った「ちざきバラ園」で、白バラの魅力に取り憑かれたからです。それまで「バラは赤だよ、赤!!」と言って憚らなかったのが、コロリと「白バラ、ラブheart01!!」へ転んじゃいまして。おかげで、タキシード仮面様への恋情も薄れたかなcoldsweats01?

    そんなワケで、別件(=干し椎茸用の網カゴ探し)で行ったホームセンターで、気が付くと白バラさんを買ってました、2鉢も。

    Img_0960 Img_1012

    今回は、正真正銘の白バラさん

    オープニングセールの期間が終了してたので、お値段298円とお高めではあったのですが、渇望とゆーか欲望を抑えることが出来ませんでした…ええ、通信簿にも「我慢の足りない子」とよく書かれてましたし<自慢じゃねーよなぁcoldsweats01

    …とゆーコトで、合計6鉢のオーナーになったヒヨっ子…これ、全部きちんと面倒が見られるのだろうか? という不安ばかりが募ります。
    が、「6」という数字があまり好きではないので、もう1鉢追加して7鉢にしたいなぁ…と、思っているのも事実。懲りないなcoldsweats01

●GW返上!! (2008/05/05)

    「黄バラさん水切れで瀕死事件」以来、家を空けるのが恐怖なヒヨっ子。
    GW中は、必要以上に早起きして家中の植物さん達(気が付くと計16鉢)の手入れしてから山へ山菜獲りに出かけただけで、殆ど「ミニバラさんの下僕」な日々を過ごしておりました。ご主人様はミニバラさんだったのねcoldsweats01

    そんな中、どーにも「黄バラさんの下葉が黄色く変色する」という事態に悩まされておりまして…瀕死事件の後遺症か、はたまた虫か病か? とりあえず

    Img_0988 Img_0987

    黄色く変色した葉っぱを、切る切る切るhairsalon!!

    …そんで、様子を見ようcoldsweats01(<消極的解決方法)。それでもまだ黄色く変色するようなら…いよいよベニカXさんの出番かなぁ…。

    ちなみに切った葉っぱをよーく観察したところ、虫らしきものは見つからず。ただ変色しているだけなんだよなぁ…謎、謎っすdown

●赤バラさんも黄変!! (2008/05/06)

    黄バラさんお手入れの翌日、赤バラさんの下葉も(若干)黄変しているのを発見coldsweats02!! しかも、ガクが開ききっちゃってるのに、蕾のまま咲こうとしないヤツとかもいるし!!

    Img_1003_2

    心なしか、花の色も淡ぁく、花弁もカッサカサに乾燥しちゃってるし…何か、黄バラさんより重症…?

    初期メンバーの相次ぐトラブルにパニックになったヒヨっ子は、とにかく被害の拡大を防ごうと「ヒヨっ子の一つ覚え」を決行。

    つまり、また切る切る切るhairsalon!!

    Img_0991_2

    昨日と同じく、切った葉っぱをよーく観察したところ、やっぱり虫らしきものは見つからず。もぉ、どーしてっ?! 一体、何が原因なワケ?!(<さっくり調べましたが判りませんでした)
    とりあえず、まだ元気な他の鉢(2期メンバー&エスキモーさんの計4鉢)に被害が及ばぬよう、初期メンバー2鉢を隔離するコトにしました。可哀相だけど、防疫ってそんなモンcoldsweats01

●バリさん登場!! (2008/05/08)

    赤バラさんの色が更に淡く…とゆーか、ぶっちゃけ薄くなってしまい、もはや「赤バラさん」とは呼べない状態になってしまいましたweep。そうすると、今度は赤バラさんへの渇望が増してしまい…ああ、こうやって人は深みにハマっていくのね…つか、欲望にキリなし!! とゆー感じかcoldsweats01
    なもんで、ずーっと気になっていた「シルクレッド」という品種を見に行こう!!(あわよくば買おてまお)と、またまたホームセンターへおでかけ。

    すると…あるあるぅheart01 ただ、「母の日に贈りましょう」(いや、母の日ってカーネーションだよね)的なごっさりとした寄せ植えで、798円と998円の2種類。
    両方の状態を確認したところ…どっちもあまりよろしくない感じ。ごっさり植わってるから茎があちこちで折れてたり、花がしおしおしてたり、正直「それでこのお値段?!」ってのが第一印象。それと、思った以上に赤が鮮やかじゃないし、花の形もあんまり好きじゃない。

    「…ちょっと期待し過ぎたかな?」と、がっかりして帰ろうとしたその時!!

    Img_0994 Img_0997

    モロに好み、直球ド真ん中なミニバラさんがっheart01!!

    麗しの君のお名前は「バリ」、またまた直球な名前だぜ!!(バリ島大好きです、行ったコトないけど&飛行機乗らなきゃなんないから行く気もないけど)

    そして、気になるお値段…298円買いだ、買いっheart01!!

    …とゆーワケで、「これぞバラの醍醐味!!」なバリさんが、我が家へやってきました。これで(希望の)7鉢、打ち止めです。

●殺虫殺菌剤、散布! ! (2008/05/08)

    バリさんを我が家に迎えるにあたり、かねてより状態のあまりよろしくない黄バラさん&赤バラさんに、殺虫殺菌剤の散布を敢行しました。
    実は、殺虫殺菌剤(ベニカXスプレー)の注意書きを読んで、その怖さにずーっと尻込みしていたんだけど…いよいよ7鉢になっちゃったし、どーせいつかはやらなきゃいけないことだし…バリさん、いいキッカケになってくれましたよcoldsweats01

    何だか色々面倒臭い注意事項が書いてあったけど、「そんなの一々守っていたら、いつまでたっても散布できねーよannoy」と思いまして、

    ①適当に大きいレジ袋の中に鉢を入れ、
    ②殺虫殺菌剤のスプレー口だけレジ袋に入れ、
    ③スプレー口の周りをギュッと握り、
    ④撒く

    …という、大雑把にして比較的安全な方法で散布。これだったらマスクはいらないし。

    でも、鉢を袋から出すときに殺虫殺菌剤が手に付いたりするので注意が必要か…と。ヒヨっ子は「かぶれる程度ならヨシ!!」とオール素手でやっちゃいましたけど、気になる方は手袋とアームカバーを使った方がいいと思います。
    ちなみにオール素手でやっても、何ら問題(かぶれたりとか)はありませんでした。まあ、念のため、散布後に手と腕をガシガシ洗いましたけどねcoldsweats01<小心者。

●ここらでちょっと (2008/05/10)

    登場人物の紹介な、と。

    Noimage ヒヨっ子園芸家(=みう蔵):

    「バラの栽培に適する」と言われる札幌に約2年在住。「触わるだけで枯れさせる」という自他共に認める「暗黒の指」の持ち主(故に「生物兵器疑惑」浮上中)。
    暗黒の歴史にピリオドを打つため、「生物兵器疑惑」を払拭するため…何より、愛するミニバラさん達のために日々奮闘中。

    Noimage ヒヨっ子園芸家のダンナ(=pon):

    植物に癒しを求めない、非常に稀有な人
    バイクで山林+原野を走り回ることを至上の喜びとし、この春から「ついでに」と山菜や野草を狩り始めた(最近では山菜&野草狩りがメイン)。
    このままだと、秋になったらワケ判らんキノコを狩ってくるかもしれない…と、ヒヨっ子園芸家は今から胸を痛めている。

    Yellow 黄バラさん:

    別名、「ロサ・フェティダ」(<出典はアレcoldsweats01)。一番最初に我が家にやって来たミニバラさんのお一人で、本来298円で売られるはずの白ポット(=エリート)…なのに、ホームセンターのオープニング特価で198円にお値引きされてました。
    ちなみに品種は不明です。すみません。

    Red 赤バラさん:

    別名、「ロサ・キネンシス」(<くどいよーだが、出典はアレ)。黄バラさんと共にやってきたミニバラさんのお一人。「モスクワ」という品種で、元々のお値段が198円の茶ポット組(=平民)。
    黄バラさんと共に、「栄光の初期メンバー」を構成。

    White 白バラさん:

    別名、「ロサ・ギガンティア」(出典は(以下略))。「どうせスペース空いてるし、二人じゃ寂しいから」と、黄バラさん&赤バラさんの1週間後にやってきました。
    「アンティーブ」という品種で、茶ポット定価の198円ナリ。
    ※後に「色のうっすい黄バラさん」であるコトが判明しました…weep

    Orange 橙バラさん:

    別名、なし(元ネタが黄・赤・白のみなので)。↑の白バラさん(正しくは「色のうっすい黄バラさん」)と共にやってきたミニバラさんのお一人。「ニューイビザ」という品種で、こちらも茶ポット定価・198円ナリ。
    白バラさんと共に、「充実の2期メンバー」を構成してくださってます。

    Esk エスキモーさん:

    既に白バラさんがいらっしゃるので、別名はナシ。でもって、正真正銘の白バラさん。「エスキモー」という品種で、お値段298円ナリ(でも茶ポット)。
    「白バラさんだったと思っていたが、実は色のうっすい黄バラさんだった事件」の反動で2鉢購入。既にどっちが1号でどっちが2号だか、オーナーですら判らない。

    Bari バリさん:

    赤バラさんの色が(何故か)薄れてきたので、「シルクレッド」とかゆー品種を見に行ったつもりが…(以下略)。こちらも既に赤バラさんがいらっしゃるので、別名はナシ。「バリ」という品種で298円ナリ(やっぱ茶ポット)。
    エスキモーさんと共に、「寵愛の最終メンバー」を構成してくださってます。

●何ということでしょう!! (2008/05/12)

    先週末は山菜を狩ったり、夕張でレースを観戦したりと遊んでいたツケを払うため、本日はミニバラさんオールメンバーのお手入れを敢行…っても、枯れた花とヤバそうな葉っぱを切るだけなんだけどcoldsweats01
    先日の殺虫殺菌剤散布の効果か、1期メンバーはほぼ手入れをしなくて済みました。そして、こっちは隔離政策の効果か、2期メンバー&エスキモーさん&バリさんもさほど手入れを必要とすることなく…今回、楽!! ナンも心配ナシ!! と浮かれてましたが。

    1期&2期メンバーに明らかな異変…花の色、薄ぅくなってませんか? いえ、前々から「…じゃないかなー?」とは思っていたんだけど。

    Change1

    黄バラさんがクリームバラさんに(頑張って、まだ黄色であり続けようと努力している花さんもいらっしゃいますが)。赤バラさんに至っては…「牡丹か?!」と思うほどの豹変っぶり。うーん、正に「牡丹と薔薇」な世界が展開されちゃってcoldsweats01
    そして、2期メンバーも…。

    Change2

    白バラさん改め「色のうっすい黄バラさん」、完全にクリーム色へ(クリームさん、2鉢かよ…down)。橙バラさんも、面影はあるけど薄くなってるし…つかね、この鉢、黄色い花も咲いてるの。
    こうなってくると、エスキモーさんとバリさんは買った当時のまま(真っ白&真っ赤)なのが不思議に思えるように…いや、時間の問題なのか?

    …花の色って、こんな短期間で変わるもんですかね…?

    最近、ベランダにも出してないから(レースのカーテン越しで陽に当ててます<何か、これが正しいらしい)「日焼け」ってコトもないだろうし…肥料だって、この前きちんとあげたんで、栄養不足ってこともないだろうし。
    ちなみに葉っぱの色は相変わらず、濃い緑のまんまです…何でweep

●ををっ?! (2008/05/14)

    日々のお手入れに「終わった花を摘む」とゆーのがあるのですが、何故か我が家のミニバラさん達はなかなか終わってくれませんcoldsweats01。モノの本には「咲いたら摘んで、切り花として楽しみなさい。すると次々と新芽が出ます」と書いてありましたが、ぶっちゃけそこまで頻繁に咲かなくてよいのです、程々で。
    なので、花の終わりを待つこと2週間…先日、ようやく元・黄バラさん&赤バラさんの花を摘みました。何となくな目安として、「艶(水分?)が無くなったら終了」って思って。花弁がかっさかさになった、若しくは触ったらはらりと散ってしまったヤツらを、心を鬼にして摘む摘む摘む!! 摘み終わると、度重なるお手入れ(=黄変事件)ですっかすかになった鉢が、より一層貧弱にcoldsweats01

    そして、今日もまた健康チェックをしたところ…。

    Img_1347 Img_1350

    すげぇ!! 葉が生えてきた!!

    濃いぃ緑の葉の中に、きゃわゆく鮮やかな緑の葉がぽつりぽつりと…何か、「コレはコレでヨシheart01とゆー気にすらなっちゃうよね。

    でも、やっぱりすくすくと育って、綺麗な花を咲かせて欲しい…と思うワケでして、ほんのちょっぴり肥料(=マイガーデン・バラ用)を追加。花が咲くまで何日かかるか、そして花の色はどーなるのか? ビミョーに不安だけど、今んトコは期待が勝ってます。
    …いや、実はこの状態で植え替えを検討中なんだけどさcoldsweats01。いつまでもプラポットってワケにもいかないし、2期メンバーとバリさんの表面の土がガッチガチになっちゃってて、水を弾きやがるんだよね…down

●丸坊主… (2008/05/17)

    最近、部屋の中に極小の羽虫(何だかは不明)が飛んでおり、「こりゃ、もしかしたら…」とミニバラさん達の棲み家を確認すると…いたよdown
    害虫か益虫かは判んないけど(でも、害寄りだと思う)、気分がいいモンじゃないのでいっそ駆除しちゃえ、と。でもその前に、ちょっとだけ手入れしよう…と思ったのがマズかった。何だかんだで結構真面目に30分。そして…。

    Img_1374 Img_1375

    哀れなり、この有り様

    終わった花を摘み取ったら、何と丸坊主crying。しまった、時間差攻撃で摘んでおくべきだったかーっ?! これだと「(下手したら)一斉に咲く→そして、一斉に摘む→で、丸坊主」負のスパイラルじゃん!!
    それでも、鮮やかな緑の小っちぇえ葉っぱは元気!! コイツらがすくすく育つよう…よし、殺虫殺菌剤・ベニカXをスプレーだ!!(あ、この間散布された赤バラさんは免除ね)

●植え替え強行!! (2008/05/18)

    書籍やサイトには「植え替えは休眠期に」と書かれてますが(「ビニールポットならすぐに」と書かれているサイトもありました)、アタシは「思い立ったら吉日」我慢の出来ない体質だし、だいたい毎日観察してれば「あれ?」って思うコト、あるでしょ?
    なので、この成長期に植え替えを強行する、という暴挙shineに出てみました。何せ、水をあげようにも土が弾いちゃう(仕方なく、ジョーロの口を土に突き刺して無理矢理給水させてる)って状況も打破しないといかんし…って、この「セオリー無視、直感勝負」ってのが「暗黒の指」たる所以ですかねcoldsweats01

    前日にホームセンターで鉢と土を買い、ベランダのRVボックスの中で眠っていた鉢底土(備長炭入り)&鉢底ネットを引っ張り出し、午前9時ちょい過ぎに作業開始。

    Img_1376 Img_1379

    いやーしかし、今日植え替えしてよかった!! 時期的には全くよろしくない(と言われる)けど、アタシ的、そしてミニバラさん達的にはめっさよろしかった!! と思うcoldsweats01
    何故なら…

    Img_1381

    この子(=アンティーブさん)だけでなく、エスキモーさんもバリさんも…ぶっちゃけ、黄バラさん以外は全部こんな状態だったのだ。これ、休眠期(12~2月)までなんか待ってられないよね。
    ついでに、黄バラさん&エスキモーさんのひょろひょろっと伸びた茎を何とかしちゃろ、と思って…。

    Img_1384

    酷い…酷すぎる…down。ま、これは応急処置みたいなもんだから…いずれきちんと、どーにかしないと。

    植え替え終了後の皆さんは、こんな感じ。俯瞰で撮影してみました。

    Img_1387 Img_1386

    そして、アタシの定位置から見ると、こんな感じ。

    Img_1389

    眼福、眼福heart01

    書き忘れてましたが、鉢は駄温深鉢(という名で売られていた)の4号です。重いです。
    植え替え手順も、プラ鉢から出す→ちょっと土を落として→新しい鉢に入れてから土を補充という、何らヒネリのない、実にオーソドックスな手順です。休眠期だと、ちょっと違うらしいけど(何でも、土を全部落として30分くらい吸水させるそーな…真冬の札幌でソレをやれ、と?!)。

    植え替えが終わって一安心…と思っていたら、新たな問題が。
    ぱっと見、黄バラさんだけ表面の土の露出が多い(よーな気がする)…マルチング、とかゆーのをしなければならないのか?

●要? 不要? (2008/05/20)

    ↑でちらっと書いた「黄バラさんの根元」…これくらい露出してます>土。

    Img_1391_2

    …どーでしょ、マルチングした方がいいんすかね?

    さくっと調べたトコ、「してもしなくてもいい」(<成長に影響ナシ)とか「なるべく推奨」(<給水時の水の跳ね返りを抑えるため)とか…まるでバラバラdown。ウチの場合、液体肥料ぶっかけ用の口の小っちぇえジョーロを使っているので、水の跳ね返りは殆どない。だったら、いらんのか? やっぱりいらんのか?
    でも、買ったときは苔でマルチングされてたし…あああああっ!! 結局、自己満足系だとか安心感の問題なのか? 何かもっと、理論的に納得できる答えが欲しいよぉっcrying!!

    話は変わりますが、こんなコト書いてました → 「国際バラとガーデニングショウ」。昨日で終わってしまいましたが…来年からは、札幌でもやってくんないかなー…土地なんざ、ナンボでも余ってるんだしcoldsweats01

●バークでマルチング (2008/05/22)

    悩んだ結果、またもやホームセンターへお知恵を拝借に。ホームセンターの担当店員さんと相談した結果、バークでマルチングするコトにしました。
    がっ!! 在庫はLサイズのみ(Mサイズは売り切れ、Sサイズは扱っていない模様)…4号鉢には、一片一片がデカすぎるっすよ。大変申し訳ないのだが、ここではお知恵だけ頂いてバーク自体は別の店で探すことに。

    そして、帰りにふらりと寄った100円ショップでSサイズのバークを発見!!

    Dsc04052

    100円ショップの園芸用品ってどーよ? と思いながらも、使ってみなければ判らないよなぁ…と、とりあえず2袋ほど購入。足りなくてまた来るの面倒だったんでcoldsweats01
    そして、元・黄バラ(現在クリーム1号)さんに早速マルチング…っても、根元にぱらりと置くだけなんだけど。

    Img_1407 Img_1408

    …何かソレらしいcoldsweats01!!

    気を良くしたヒヨっ子は、ちょっとでもスカスカな感じがする鉢にバークを撒きまくってしまいました<初心者にありがちなアレ。

    Img_1409 Img_1410

    結果、7鉢中4鉢(元・黄バラさん、モスクワさん、アンティーブさん、バリさん)が「バークマルチング組」に編入。これが吉と出るか凶と出るか…しばらくは、大人しく様子見です。

    ところで、我が家に198円や298円でやってきたミニバラさん達…近所の花屋さんでは、同じ(と思われる)ものが一鉢780円で売られてました、ビックリcoldsweats02!!

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)