ミニバラ育成アーカイブ~08年04月

Title

えー…以前に別展開しておりました「ヒヨっ子園芸家のミニバラ育成奮闘記」、(主に更新作業が思いのほかメンドくさいという)諸事情によりサイトを閉鎖→(カテゴリーを新設して)ブログに移行…そして、いよいよウェブページ化です。流浪のコンテンツだな。
奇しくも、最後に書いた「いつかまた、どんな形であれ復活させようと思ってます」という言葉が、こんな形になっちゃうとは…次はどんな形になるのか、楽しみでなりません<他人事のよーにcoldsweats01

●ミニバラさんがやってきた (2008/04/19)

    我が家にミニバラさん第一陣(=栄光の初期メンバー)が、観葉植物さん達と仲良くバケツに入ってやってきました。いえ、バケツも一緒に買ったら、「こっちに入れた方がいいですよねー」って。

    Dsc02334

    ヒヨっ子園芸家に無事に育てることができるのか?!

    奮闘の日々の開始です。

●何てこったい?! (2008/04/21)

    別の用事で本屋さんに行ったついでに、「ミニバラの育て方」的な本を探しました…が。

    …ねぇよ…orz

    仕方なく「バラの育て方」的な本(これはいっぱい出版されてる)を何冊か立ち読みしたけど、ミニバラについて書かれているのは実に数冊。しかも、割かれているページ数も10ページ程度(ボリューム換算で1/20)あれば良い方…いいや、いらね。この程度なら、今すぐ暗記できるcoldsweats01
    なので、結構集中して立ち読みしていたら、「黒点病の原因になるので、葉に水をかけてはいけません」という一文が。

    …かけちゃってるよ…orz

    その後、色々とあったのですが、詳細は 「ミニバラ園芸家、本格デビュー」 をご覧ください。そして、この日「充実の2期メンバー」が(ひょんなことから?)やってきました!!
    …つか、一つ知恵が付くたびに、一鉢(以上)増えるのか…down

●黄バラさん危機一髪!! (2008/04/26)

    朝起きたら、黄バラさんが大変なコトにcoldsweats02!!

    Img_0953

    早朝、山菜狩りに出かけたダンナは、何も言ってなかったぞ!!(無関心だからなぁ…)

    …これは水が切れたのか、それとも何かの病気か? ヒヨっ子、大パニック!!
    とりあえず腰水に浸けて様子を見て(<一応、それ位の知恵はある)、それでもダメなら何か別の手を打つしか…と、バケツに水を張って黄バラさんを浸けてみた。水位は鉢の高さの半分ほど。
    しかし、「何か別の手を打つ」と言っても、ヒヨっ子にこれ以上の知識があるワケがない。なので、腰水に浸けてる間に本屋さんへ行って、またまた立ち読みcoldsweats01。多分水切れだと思うけど(何せ葉っぱには全く異常がない)、もし万が一、ハダニかアブラムシにヤラレてたとしたら…何か面倒…down殺虫剤とか撒かなきゃなんないし。

    結局、何だかんだで2時間くらい外をふらついて帰宅すると。

    Fukkatu_3

    復活してる!! よかったぁ、ただの水切れで(ホントはよくないけど)

    その後、「黄バラさんのポット(唯一の298円白ポット)だけは異様に排水性が良い」ということに気がつきました。他のポット(198円茶ポット)は土の表面にコケみたいなのが貼られてるんだけど、白ポットには貼られてなかったりとか。
    …でも一般的に、バラの土って川砂を混ぜたりとかするから排水性の良い土がいいんじゃなかったっけ? そーなると、逆にコケとか貼ってあっていいのかな?

    とりあえず、黄バラさんは他のバラさん達よりこまめに水遣りをしよう!! と思ったのでした。さすがに茶ポット・3鉢を植え替えするより楽か、と。

●白バラさんに異変?! (2008/04/27)

    朝の日課、ミニバラさんの開花度チェック。
    本日も黄バラさん(前日は瀕死の状態だったけど、今日は復活&元気!!)、赤バラさん、橙バラさんとチェックして、最後に白バラさん…。

    Img_0950

    黄バラさんのチェックは終わったぞ? つか、これ茶ポットだし。

    Img_0959

    ホントは黄バラだったんかい?!

    何とっ!! 今まで「白バラさん」だと思っていたのは、実は「色のうっすい黄バラさん」だったのでしたっ!!

    …(勝手に)騙されてたよ…down
    でも、もしかしたら一株だけ白バラさんなのかも(<淡い期待)。

    このポットを買うときに、「陽に当てすぎると(白い)花弁にピンクの線が入ることがあります」と注意書きがあったので、今の今までレースのカーテン越しの光にしか当ててなかったんだけどさぁ(「過保護」ではなく、あくまでも「白バラが希望」だったため)…全く意味ナシ、だったのね…down
    何だよぅ、黄色と判ったらガンガン陽に当ててらやぁっ!! …と、この日から他のミニバラさん達と同様に、昼間はベランダでお過ごし頂くことにしました。育てよ、ちくしょー。

●そうは言っても… (2008/04/27)

    ミニバラ育成に当たり、ヒヨっ子はヒヨっ子なりに決意をしていたことがあります。
    それは…

    「過保護厳禁!!」 あくまでもスパルタンに、
    且つそこそこ溺愛

    嫌いなんだよ、「ウチの子はねぇ~」とか言うの(そういうわりにはサイトを立ち上げてますけど…でも、これはまた別の理由)
    だから、殺虫剤とか殺菌剤とか散布したくないし(虫に喰われるのもまた運命)、まあ最低限のお手入れ、肥料あげたりとか枯れた花や葉っぱを切るだけにしよう、と。あとはお日様とミニバラさんの生命力に全てお・ま・か・せheart01

    しかし、そうは言っても、やっぱり我が子には(できるだけ)長生きして欲しい。それに本にも書いてあった、「枯れた花を切ったら、殺ダニ剤を撒け」と。
    昨日の「黄バラさん瀕死事件」のこともあるし(結局は水切れだったけど)…やっぱり殺ダニ剤とやらは買っておいた方がいいのかなぁ…?

    …でも「殺ダニ剤」とやら、
    「殺虫剤」とは違うシロモノなのか?

    「ダニって虫だよなぁ、多分」…ヒヨっ子は悩みます。
    こんな時は…そうだ、ホームセンターへ行こう(by.JR西日本)。あそこには、知恵と品物が揃ってる。

    ホームセンターの園芸コーナーの一角、殺虫剤やら何やらがごっつ並んでいるトコでうろうろしていると、「何かお探しですかぁ?」と店員さんが声をかけてくれた(オープニング期間中で店員さんはうろついててくれるし、この日は園芸相談員さんもいた)。

    待ってましたっheart01!!
    いやー、今日ほどアナタを心強く思ったコトはないですよ、
    いつもはウザいけどcoldsweats01

    今までの経緯&自分の園芸アビリティ(=限りなくゼロに近いレベル1)を説明し、店員さんに殺虫剤を選んでもらうと…スプレータイプ? だって、これだと葉っぱに液体がかかっちゃうじゃん。
    「あのぉ…葉っぱに水をかけると黒点病?になるって、園芸書に書いてあったんですけど…」と恐る恐る言うと、「そんなコトが書いてあるんですかcoldsweats02?!」と、店員さんにえらく驚かれ…。

    何で店員さんが驚くの?! それって一体どーゆーコトだ?
    ヒヨっ子、大混乱!!

    店員さんの話を要約すると、「たかだか1ヶ月に1回スプレーするくらいじゃ、黒点病になどならない」そーだ。しかも、この殺虫剤は殺菌剤も配合されているので、心配ご無用!!とのコト(何でも、黒点病とゆーのはカビの一種なんだって。菌かと思ってたんだけど…って、カビも菌じゃん(^^;))。
    そして、ついでに肥料も選んでもらいました。「肥料は万能のエイドボールを使っている」と言ったら、「エイドボールは緩効性、春~夏にかけて(つまり成長期)は速効性がある肥料の方が良い」とアドバイスされまして。

    Dsc04030

    店員さんのオススメを(無条件で)購入

    何という他力本願coldsweats01ちなみに肥料の方は、すぐ効くのと緩く効くのと二種類の成分が配合されているそーです(ゴメン、よく判らん)。

    この日、教えてもらったコト。「黒点病はカビ」、「ハダニは目に見えない」(すげぇ小っちゃいらしい、虫メガネで探すんだって)、「殺ダニ剤と殺虫剤は違う」(殺虫剤はアブラムシも退治してくれるそーな)…ようやく、四捨五入してレベル2くらいにはなったか?

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)