★ファンスキー

一生ビッグフットします!!

2013年2月28日 (木)

快晴っ!!

ヤヴァし、2月が終わってしまう…とゆーコトで、慌ててスキー2日目の話な、と。ちなみに(色々と)酷い目coldsweats01に遭った初日とは打って変わって、2日目は

Sh3e0978

大っ・快っ・晴っheart01

まあ合宿中、最低でも1日はこーゆー日があります。むしろ「1日しかない」、とゆーべきか…。
お宿とゲレンデが(ほぼ)直結しているので、装備を整え、徒歩でゲレンデへ向かうものの、

Dsc00024 Dsc00025

ウォーミングアップというには過度な運動量
(でも、帰りは楽)

前日の夜から、右膝が「伸ばしたら伸びっぱなし、曲げたら曲がりっぱなし」とゆー状態では、この斜度を登るコトすら辛かったですweepいや、ま、毎度毎度、ここは辛いんだけどさ。
バーンの状態は1日目と似たり寄ったりなんだけど、吹雪いてないというだけで、このお方は

Dsc00033 Dsc00036
Dsc00041 Dsc00030


そこそこにキレた滑り

翻ってアタシはとゆーと…

Dsc00034 Dsc00035

滑るより、落ちる距離の方が長い

現実世界には、ドnewmoonクエのよーなお宿は存在しないよーです。HPが回復しなかったせいで、前日以上に転倒しまくり。しかし、さすが(アマチュア)カメラマン

Dsc00037 Dsc00038

転倒しても撮影は続行
(画像右は、カメラを取り上げられた後)

上から見ていたダンナ曰く、「カメラを上げて、そこを軸に1回転」したそーです。すげーミラコーcoldsweats01
転倒しまくったせいで、この日は早上がり。そして、極々フツーの量の夕飯をたいらげて、とっとと就寝。そして翌朝、目を覚ますと、

Ca3g0028

猛吹雪

どーやら未明からざんざか降って、びゅーびゅー吹いた模様。窓の外に置いておいた飲み物さん達はこの有り様で、食前の薬が

Sh3e0984 Sh3e0981

飲めませんweep

いかほど降ったか、と言いますと

Dsc00042 Dsc00043

これくらい

宿に朝到着したグループの皆さん(酵素水、ありがとうございましたーheart01)に「雪質はふわっふわだよー、滑って帰ればいいのにー」と言われながらも、これ以上酷くならないうちに帰路に着いたのでした。
…あ、スノモンお薦めの「みなかみの森」は廃墟と化してましたcoldsweats01。むぅ…これから「水上あんど」はどこで買えばいいのだらう…。

| | コメント (0)

2013年2月14日 (木)

子豚一家、散る

Ca3g0017

この2時間前にケーキセット食ってますcoldsweats01
(でも、「一杯のかけそば」方式)

初日のお昼は極々フツーな量を食したアタシら。腹ごなしにちょっと滑ってからお宿に入って、晩ご飯(ご好意によりお部屋食)の食卓を見てビックリ。

Ca3g0020

メインディッシュ級4品っcoldsweats02!!
(陶板蒸し、カレイの煮付け、エビフライ、クリームシチュー)

に、小鉢級が3品+小ぶりのお櫃級のご飯…アタシらは豚newmoon家かっ?! (画像で見ると大したコトないように思われるでしょうが、ホントとんでもない量だったのよぅcrying
なので、「アルコールは食欲を増進させる!!」とリカー権を発動。ビールで流し込むようにして食うべし食うべしっ!! と頑張っていたら、ダンナからカレイの煮付けのトレード要求があったので、陶板蒸しのお肉と(アタシ的には)等価交換。そしたら、ダンナの陶板の上が

Sh3e0975

わぁっ、肉と野菜の富士山や~っheart01

…と、某グルメリポーターcoldsweats01なら言うよ? 言っちゃうよ? でも、悲しいかな、こちらの胃袋は、豚newmoon家にはとても及ばぬ子豚レベル(しかも生後1ヵ月の)。
そして、「足を挫けば膝で這い、指を挫けば膝で這う」戦法の末、何とか

Ca3g0021

完食っ!!

…無理です、もう無理です、これ以上は空気も吸えません、腹に何か得体の知れないモノもいるとです(「子供が入ってます」レベルに膨れた)…つか、何で美味しいご飯が凶器に変わるんだよ…それよりもアタシ、

逆流性食道炎の治療中っ!!
食後にも薬、飲まなきゃならないのようっcrying!!

近年稀に見る横綱級の襲撃に、子豚一家はあっけなく散ったのでした。いや、気持ちはドロー、判定でギリ勝ちって思うんだけど…部屋に戻るの、すっげー辛かったんだもん。ご飯食べ終わったと同時に、心も折れたしcoldsweats01

で、翌日。前日に学んだので、「晩ご飯の助走をつけとかないと!!」と、お昼ご飯は

Dsc00008

明らかにオーバースペック

と思われる量を、ダンナの援護を受けつつ食べたんだけど(ちなみにダンナは、「胃袋の容量を温存しておく」とシュークリームとコーヒーをオーダー)…この日の夜は至ってフツーの量でした。あまりにフツーすぎて、画像撮るの忘れた。
…裏目裏目の人生ですweep、ホントーに“残念”だ…down

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

スキー(ラヴラヴ)二人旅

Ca3g0011

こんな中をね

ノロわれたせい(だけじゃないけど)でキャンセルになったお正月合宿。なので、(右膝以外は)健康になった今、リベンジshineしに行きました。折りしも、出発当日は未明から大雪の予報…随分と幸先いーじゃないのcoldsweats01
高速が通行止めになると面倒なんで、ド早朝に出発。中央道(霙)→圏央道(霙)→関越道(雪)ときて、

Dsc00011 Dsc00012

画像左:高崎(だったと思う)辺りは雪景色
画像右:駒寄PAに強制イン→何もなくぬるーっとアウト

しつつ、いつもの水上ICで降り、

Ca3g0014

…うん、ここはいつも通り

杞憂でございましたね。途中、だらだらとSA・PAに寄ったりしたけど、予想以上に早くスキー場に到着しちゃいましたcoldsweats01
で、スキー場の天候はと言えば、

Ca3g0015 Dsc00014

ま、吹雪いてるよね…down

…下界がああなんだもん、山に入ったらこんなモンでしょ、うん。
さて、荒天で2年ぶりな上に、右膝治療中な身としましては、まずは初心者コースを

Dsc00013

…そろ~り…
(だるま屋ウィリー事件直後のnewmoon泉さんをイメージcoldsweats01

チョー緩斜面をゆるゆると滑りつつ、調子を見ましたが…ターンの度に、右膝下だとか右膝裏の筋だとかがビミョーに痛いターンさえしなけりゃ、問題ない。
「緩斜面でこれなら、中斜面に行ったらどーなるんだろ…?」と思いつつ、速攻ゲレンデトップへ。中~急斜面をゆるゆると滑ると、いつの間にやら

Dsc00019 Dsc00020

完全復活っscissors!!

Dsc00018

これモンで滑ってます

全く不思議なコトに、緩斜面を滑るより楽でした。なので、いい気になって滑っていたら、

Dsc00015 Dsc00017

結構、HPエグられてた…down

まあ、すっげーカッタいバーンの上に、うっすらと新雪が乗ってる状態でね、柔らかい場所(=エッジがかかりやすい)がイッコもないのね。つまり、アタシらが一番苦手とするバーンが延々と続いてるんですよcrying
なもんで、(アタシに比べれば)五体満足なこのお方も、

Dsc00016 Dsc00021

相当ヤられてるcoldsweats01

そんなこんなで、リハビリのつもりが苦行になった初日…お宿では、更なる苦行が待ち構えていたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

コルチナ三日目・ありえない部

お賽銭を入れて、いわゆる”鈴の緒”(いや寺だし、鈴じゃなくて銅鑼だったけど)を、「いっちょハデに鳴らしたろーっheart01!!」と引っ張ったら…手応えもなくぬるーっと…次の瞬間、

Sh3e0050

…切れた…shock

こっsweat01…コレってどーゆーコトなのsweat01?! 「願いは聞き届けましたよheart01(<ミサンガ的解釈)か「3億濡れ手に粟とか、ざっけんなよ、ごるぁannoy!!」(<極々一般的な解釈)のどっちなんsweat01
…つかフツー、これ切っちゃうかぁ? アタシ、一体何のスペック(若しくはフラグメント)持ってんのよぅcrying仮に持ってたとしても、ここで発動させちゃダメだろぉ~。
ビデオ回しながら本堂の方へやって来たダンナに、

Dsc00234

「え~? それはナイでしょぉ~? ヤヴァいんじゃないのぉ~?」

…いや、ソレを何よりも思ってるのアタシだから。でも、気を取り直して、いよいよメインに

Dsc00237 Dsc00238

レッツゴーだよ!!

「…あんなコトがあった後なのに、よく行けるよな」 ソレはソレ、コレはコレですからscissors
「しかも、この字がVnewmoonWっぽくて、より恐怖が…」 ソソりますよねぇcoldsweats01

本堂のご本尊の下(地下だけどね)に「幸福の鍵」があって、それに触れると一攫千金…じゃなかった、幸せになれるそうです。前回も触ったんだけど、今回はより以上の幸せを、と<どこまでも貪欲。
順路はすごく簡単。四角形の三辺だけをぐるっと回るだけ(時計と逆周りなので、左に2回曲がる)。

Dsc00235 Dsc00236

茶室のにじり口のよーな引き戸を開けると、暗闇への第一歩が

「…やっぱ止めようよ」 じゃ、アタシだけ行ってくる。ここで待ってな、すぐだから。
「ダメ!! それはダメ、絶対っ!!」 何だ?! アタシの幸せをジャマする気かannoy?!
「…一人で待ってるの、怖い…」 乙女かっannoy?! こんなに明るいのにっ!! 外なのにっ!!

以下、ダンナの(殆ど言いがかりに近い)必死の説得が続き、結局アタシが折れて

戒壇巡り、中止

…不本意、激しく不本意。でも、ま…来年もあるしね(ニヤリ)<心の声。

で、帰り際にお寺の方に事情を説明したら(ホントはバックれようと思ったんだけど、やっぱねぇcoldsweats01)、「わざわざ、すみませんねぇ」と言われました。この言葉から察するに、ここは鈴の緒が度々切れて、そして殆どがバックれる…っつーコトなんか? と。
…うむ、アタシは正直に告白したので(ついでに修理費?も払おうと思ってた)、バチの回避フラグは立ったよな? 多分。

さて、この後、このお寺さんの近所にあるお店へ「あんずジュース」(<前に飲んで、ごっつ美味しかった)を買いに寄ったんですが…「ごめんなさいねぇ、もうこれだけしか残ってないのよ」って、3本だけ…downくぅぅぅぅ、ダースは買いたかったんだけどなー。
「でも最後だから、●●円でいいわ」って、一割ほど値引きして頂きました。

…いいコトあった…

思わずそう口にした途端、ダンナが大爆笑。「今の呟き…ホント、心底ホッとした感じでナイスすぎ~っ!!」
…だってさ、何か絶対に悪いコトが起こると思ってたんだもん(いや、ダースが3本になったのは悪いコトなんだけどcoldsweats01)。

でも、これから先、何か良いコトが起きれば「切ったおかげだ」と思い、悪いコトが起きれば「切ったせいだ」と思い続けちゃうと思うんだよね。その感情の振り幅が大きくなるのがすっごくイヤだし、原因をそこに求めちゃうのもイヤなんだ。
かと言って、忘れるには忘れられない出来事だし…。
「そりゃ、十何年かぶりに、しかも2回しか来てないっつーのに切っちゃうんだもんなぁ」。
ねー? ソレなんだよねぇ、ネックは…毎日毎日来てるならまだしもさぁ…。

…かように、この出来事はアタシの心に深い傷を負わせたのでしたcoldsweats01しかし何故、選りにもよって、アタシの時に…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コルチナ三日目・帰りの部

Sh3e0048

三日目の朝もこんな感じで

どーにも、ずーっと降り続いた模様…っつーコトは、車を発掘せにゃならんっちゅーコトで、恐る恐る駐車場に行くと

Dsc00222

…あ、思ったほどでもない

Dsc00225 Dsc00227

でも、せっせと雪落とし&ワイパー救出
(アタシらは、ワイパーを立てるのが嫌いです)

Dsc00228

そして、約20分後に脱出

(多分、アタシの拙さを見るに見かねて)お手伝いしてくださった誘導係のおじ様曰く、「一昨日、昨日と20㎝くらいずつ降った」とのコトでした。
で、帰路に着いた(とゆーか、とりあえず豊科ICに向かう)ワケですが…そ・の・ま・え・にっ!! 是非とも寄りたいところが。

Dsc00229

コチラです

10年くらい前に一度だけ来たことがある、穂高にある東光寺さんという(曹洞宗の)お寺です。でも、前に来た時は、ゲタが一つだけだった気がすんだけどなぁ…。
山門両脇の金剛力士像に向かって一礼してから願い事をし、然るが後にこのゲタに登ると願いが叶う(…と書いてあった気がする)とのコトで、金剛力士阿さん&吽さんに一礼し、

Dsc00232

願いは当然「一攫千金」、宝くじで濡れ手に粟の3億円!!

そして、ご本尊様にもお願いしようと本堂にお参りしたときに、それは起こった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

コルチナ二日目・泥酔の部

一日目から、滑ってない時は左膝が痛くって(<note曲げられない伸ばせない)、痛みを酒で散らしておりまして。
一日目は、昼からジョッキ2杯(夜は熱燗1合と350ml2缶)。そして、二日目は

Dsc00216

だらーっと3缶目を手に

昼から、まさかのリッター超えcoldsweats01ダンナと一緒に昼飯を食べようと、最初に部屋に戻ったのが間違いだった…downそして、ビールとクラッカーで満腹になっちゃって

Dsc00217

これまた、まさかの爆睡

…部屋が暖かったのがいけないんだよぅcryingそれと、お昼のテレビ番組がつまらないのもいけない。
気が付いたら、2時間近く寝ちゃってました(膝の痛みで目が覚めた…切れたな、アルコール麻酔coldsweats01)。

で、慌てて午後の部へ…ゆーても、既に午後3時くらいなんだけど。

Dsc00218

天候、依然回復せず

むしろ、午前中より風が強くなってて…これ一本で、あっさり心が折れましたdown
結局、二日目はダンナ→午前・午後各1本の計2本、アタシ→午前3本、午後1本の計4本という体たらくに…マジ、歳取ったなcoldsweats01

とゆーか、バーンの状態が状態だけに、足全体に半端じゃない負担がかかる。おまけに、雪面が読めないから、精神的にも疲れる。
…こんな状態でガンガンに滑ってる人って、どこの力をどんな具合に抜いてるんだろ?(<板に原因がある、とは死んでも口にしないぞっ!!)

この後、カフェテリアっぽいトコで茶ぁシバいていたら、アタシらのテーブルの周り、外人さんばっかでねcoldsweats01。しかも、後ろのテーブルのおねーちゃん二人連れは、「何かお酒飲みたいねーheart01」みたいな会話をしていて(<英語なんで、ニュアンスオンリー)、注文したのがウィスキー(ダブル)。
色々な敗北感を味わった二日目でしたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

コルチナ二日目・午前の部

Sh3e0040 Ca3g0014

朝起きた途端、テンションだだ下がり…down
(画像左は宿の部屋、右は朝ご飯食べたレストランから撮影)

「昨日の好天はなんだったのぉっcrying?!」とゆーくらい、朝から猛吹雪。ダンナは「いつものコルチナ、これぞコルチナ、昨日が奇跡」って…いや、全く仰る通りなんですけどね。
まあ、ざっくり見て20㎝は降っただろうから、そこそこ楽しめるんじゃない? と思ったんですが、

Dsc00208

「いくら新雪が載ったって、その下は固いんだよ…」

やさぐれる、とゆーか、やる気ナッシングcoldsweats01。そんでも、リフトを乗り継いで、稗田山のトップへ辿り着くと…

Dsc00213  みう蔵を探せ!!

おっかしーなーsweat01、リフト乗ってる間に結露がとれたと思ったんだけどなぁ(<リフト乗る前に、スポーツパックのレンズ部分を結露させちゃいました)…って、結露してないやん!! コレ、雲の中とか、ガスってる言いますやんannoy!!

で、登った以上は、とりあえず下りないとね…って、下りたまではよかったが、

Dsc00214

今度は逃亡っ!!

一本だけ滑って、どこぞ(部屋だけどね)へと逃げましたcoldsweats01。故に、ここから先は「みう蔵ちゃんの稗田山コース紹介ぃ」な映像が続くんだけど、

「女子が一人でビデオ回しながら滑る」って、どーなのよ…?

そんなアタシの心強い味方が、稗田山トップに(ちょー珍しく)わらわらいたんだけど、

Dsc00215

稗田山第2&3に行かない日本人と、第2&3には行くけど言葉がちょっと通じ難い人達(恐らくはオージー)。いやー、去年以上に外人率が高く、とある時なんざ何人かコースいたのに、日本人はダンナとアタシだけっちゅーねcoldsweats01

…やっぱり、頼れるのは自分自身だけなんだな

その後、第2&3を(コースと積雪状況をレポートしつつ)各一本ずつ滑り、一旦部屋に戻ってから、どっかでお昼ご飯を食べようと…(以下続く)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

コルチナ一日目

Dsc00174 Dsc00176
Dsc00177 Dsc00178

天気が良くって絶景ナリheart01

途中ブランクが3年ほどあったけど、何年も通ってて、ここまで天気が良いのは初めて(何せ、日本海が見えちゃったからねー)。なので、思わず

Dsc00183 Dsc00199

腰に手をあて、仁王立ちするヤカラが2名

とにかく、見るもの全てが新鮮で新鮮で…初日は「滑りより風景優先」とゆー、本末転倒な映像ばかりcoldsweats01
とは言え、基本は滑りに行ってるワケですから、

Dsc00187 Dsc00194
Dsc00196 Dsc00198

「かったい~crying(=固い)と言いつつも、相変わらずの滑り

Dsc00184 Dsc00202
Dsc00204 Dsc00205

「それほど固くないじゃんheart01と(初日から)キレた滑り

「だって、踵使えないんだよ?」 …いや、エッジは踵だけじゃないですからcoldsweats01

…とは言え、(恐らくは)先週にドカっと降った雪が固く締まってて、その上にうっすらと新雪(関係者曰く「気温が低いので、水分が少ない」)が乗ってる状態。
パッと見、雪面から、その下の状態を判別するのは難しい…というより、キッパリ判別不能でして、

Dsc00186

トラップに引っ掛かりまくり

「ヤバイcoldsweats02!!」と感じたら、サイドエッジに乗って踏み込んじゃえばいいんだけどね(<踏み込み過ぎるとカタパルトっちゃうけどな)。ただ、今まではそれが出来たのに…結局、寄る年波には勝てん、ゆーコトですねcoldsweats01
アタシは、お正月合宿で使って「身体が勝手に楽にバランス取っちゃうから、筋肉痛とか全くナシ!!」だった例のリストバンド(=EFX)をしてたので、身体が勝手に先に動いちゃって、「…あ、今、怖かった」って感じ<これまた本末転倒。

で、そのリストバンドの効果を目の当たりにしたダンナは、「ソレ、貸せ」と強権発動…が、アタシの手首に合わせて買ったものだから、エッラいコトちっさい。
それでも、一本滑ると「…手首締まって、血ぃ止まってる感が…」(<確かに、若干の変色を確認coldsweats01

違いを認識する以前の問題だったよーです

でも、ビデオで確認したトコ、まあ昔っから肩の力が抜けた滑りをするんだけど、それがより一層抜けた感じに…何てゆーか、上半身が軟体動物化、「ちぃーよぉー」なちよ父(by.あずまんが大王)滑りに磨きがかかってる気がしたりしなかったりcoldsweats01

とにかく、一日目は天気&(アタシ的には)雪質にも恵まれ、いい滑り出しでしたheart01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

帰ってきた

Sh3e0047

ダンナ、溶けた…?

最終日に、(もしかしたら)今後の人生のトラウマになっちゃうかもしれないような目に遭ったけど、身体だけは無事に戻ってきました。
ちなみに画像は、二日目の昼、宿に戻ったアタシの目に飛び込んできたものです。昭和のウnewmoonラマンとか仮newmoonnewmoonダーが脳裏にcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

合宿三日目 帰京

合宿三日目。今日は、ただひたすら帰る日です。でも、

Dsc00160

今年は楽々heart01

去年と比べてみると…「寒波、寒波」ゆーても、関東は雪が少ないんですねぇ(いや、去年が多すぎたんだって)。道も、

Dsc00161

走りやすい
heart01です

なので、皆の大好物「水上あんど」を買いに、「みなかみの森」(けんちゃんは「また、トリックアート見てく?」とノリノリだった)に立ち寄ったトコ、

Dsc00162

「蓮newmoonの所為かーっannoy?!」(<全員が言った)

…どーやら、仕分けられちゃった模様。仕方ないんで、とっとと関越乗って、赤城高原SAでお土産を買おうと…買おうと赤城、激混みっcoldsweats02!!
で、皆の買い物を待っている間、「あったかいモンでも食おう」と、にゃもちゃんとアイス(どっちかっつーとソルベ)を食べたのがいけなかったか、

食べ終わった途端、もっのすごい悪寒

なので、以下はコメント方式でお送り致します。

Dsc00163 これが役立たずcoldsweats01なi-phone

Dsc00165 入る直前に、綺麗な富士山が見えました

Dsc00164 既に発症が疑われる状態coldsweats01

Sh3e0001 八王子で、ラブリーなお犬様と境遇

Sh3e0004

来年は、ルーフにボックス積んで、ここににゃもちゃんを収納して、ラッシュくん1台で行くそーです

Sh3e0005

5万
で買った、13万㎞走行のステップワゴン(にゃも車)

Sh3e0006 …ま、トランポは消耗品だからね

ちなみに、にゃも車は「車検に出したら、タイヤの見積もりが付いてきた」とのコトです。

「今年は何の波乱もなく帰ってこれたねーheart01」なんて言ってましたが…この時点で、既にアタシはだるだる(=縦になってらんない)。そして、家に帰って体温を測ったら、目がテンになってしまったのでした…down

【後日談】
色々と検討した結果、「にゃも毒王説」が急浮上。出発前にウチでGTやってるときから、アタシらと似たような咳をしてたし(この時、ダンナもアタシも咳はしてなかった)、合宿中の常軌を逸した睡眠時間、初日のヘンなノリ…と、全てのベクトルがにゃもちゃんにcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧