旅行・地域

2017年2月26日 (日)

これまた絶景!!

P1180067

琵琶湖ですよーんheart01

「地に足の着いていない乗り物なんて…っ!!」というほど飛行機が嫌いで、乗る前には必ず遺言(例:BL関係は全てジnewmoonバちゃんに差し上げます)を書く、そしてV1に達した辺りから離陸後しばらくまで過呼吸と戦うほどなアタシがですね、今回に限っては

ヒャッハーheart01

と、窓から外を眺めていたのでした。何ででしょうねぇ、意外と低いトコを飛んでたからかなぁ…何とゆーか、ミニチュアな世界を眺めている感じで、とてもとても楽しかったです。持ち込んだ小説(これが何故か「星を継ぐもの」…まさかの3部作だとは露知らずcoldsweats01)を一行も読むことなく、ただただひたすら外を眺めて&画像バシバシ撮っていましたねー。

P1180066

で、これは(多分)日本アルプスの山々

実は西行きの飛行機って今回が2度目。何とな~く、飛行ルート的に富士山が見えるかと思ってたんですけどねー…行きも帰りも反対側(=左側座席)でしたweep。くぅ、残念。前に関空行きに乗ったときは、右側で見られたと思ったんだけどなぁ…ン十年前の話だけど。
…なので、富士山の画像はありません。撮りたかったよーっcrying!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

載せ忘れ画像色々

P1180125

何故2円…?
(撮影場所:サンポート高松)

高松では「2円」に何か由来とゆーか理由みたいなのがあるのか、お宿の部屋の扉の横にあった窓枠にも1円玉が2枚置いてあった…ぞーっとしたcoldsweats01

P1180128 P1180135

クジラかオオサンショウウオか
(撮影場所:サンポート高松)

いずれにしろ、高知のほうが有名(だと思ってる)。でもラブリーだったので、うっかり。

P1180122

88におんぶに抱っこ
(撮影場所:高松シンボルタワー)

四国と言えば「88」ですからねーcoldsweats01。実は屋島寺ではなく大窪寺に行って、いきなり結願してやろうかとも考えていたんだけど…。

P1190160

鬼瓦…なのだろーか
(撮影場所:屋島寺)

単に可愛かったんで。そー言えば、屋島寺には狸を奉るお社もあって、「四国には廃仏毀釈がなかったんだろーか…?」とcoldsweats01

そして、ラスト!!

P1190199c

琴電のことちゃん
(撮影場所:琴電屋島駅)

戻ってきてから、某SNSでこの子の生い立ち(?)を聞いて、目頭が熱くなりましたよcoldsweats01。また、イラストのフォントが明朝体っつーか教科書体?ってトコもツボだし、すごく合ってる気がして。

以上、まあ「載せ忘れ」とゆーか、使い道のなかった画像たちです。往生&成仏を祈願!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

高松空港での悲劇

Dsc_1427

…ぜーんぶ高松空港で売ってたさ…

到着初日、高松駅の近くで(土産用だの自宅用だの)うどんを買いまくって、高松滞在中は重い思いして持ち運び続けたのに…(屋島行ったときは、コインロッカー使ったけど)

高松空港は(別の意味で)うどんの聖地

でしたね。まー、有名ドコならほぼ揃ってます。つか、ガイドブックに書いておいて欲しかった…。

最後に、今回お世話になったガイドブックは、「tab!tte(タビッテ)四国」と「Poketa高松・琴平 さぬきうどん」。いずれも昭文社さん発行。
特にPoketaには大変お世話になりました。正直、これ一冊で充分だと思うcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

はちじゅーよんばんっ!!

P1190155c

屋島寺っ!!

さて、うどんをしこたま食った翌日…つか、もう帰る日なんスけど。飛行機の時間まで、どっか観光しよう!! と、色々な方(主にタクシーとことでんバスの運転手さんとJR職員さん)に相談しまくった結果、「藩士が冗談やノリで行ってはいけない」(=一寺でも行ったら、88寺全部回ることになる)と言われているにも関わらず、八十四番札所・屋島寺へ。
いや、ホントは四国村(ついでに「わら家」さん)に行こうと考えてたのですが、ダンナの

「麓をうろうろするくらいなら、テッペン獲りたい」(意訳)

という、実に戦国武将的な漢らしい一言で、テッペン獲りにいきましたcoldsweats01えー、その節は色々とご助言を頂きましてありがとうございます>ことでんバスの運転手さま。

しっかし…お遍路さん、一人もいねぇdown(どうやら冬はシーズンオフらしい、「どうでしょう」さんはひたすら冬に回っていたけどね)。
ついでに言うと、人も実にまばらで(バスの乗客、アタシら入れて4人だけ)、何とゆーか、ほぼ「貸切」状態。これだけ広い場所を貸切って、すっげー贅沢だけど…場所柄とゆーか雰囲気的に、ちょっとうすら怖い感すらある(手前に「血の池」とかゆーのもあるし)。でも、

Dsc_1417 Dsc_1419

ちょっとした癒しcoldsweats01

その後、下り(?)のバスの時間まで山頂を散策。(談古嶺ではない)展望台で、

P1190173c

…ホント、「絶景の国」だ…
(パノラマで撮影したら、縦が異様に短くなったcoldsweats01

いや、屋島ドライブウェイ(最近かどーかは知らんが無料化された)をバスでとことこ登ってるときも思ったんだけどね、「どこへ行っても絶景、絶景しかない国」って。

というワケで、駆け足も駆け足、ざざーっと高松で遊んできました。いいところです、むしろ永住希望。
特急「うずしお」(10分にも満たないけど乗ったぜheart01)は懐かしのディーゼル車だし、琴電はとにかく可愛い。海は綺麗で無臭だし、町から丁度よい塩梅で山もある。JR高松駅と琴電瓦町という、趣の違う二つの繁華街もあり…あれ? これって、函館に似てねcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

不本意な初志貫徹

「高松行ったら、米は一っ粒も食べないね!!」
(意訳:食事はうどんだけ)

と、飛行機搭乗前に宣言したワラクシ。高松に着いてからは宣言通り、とにかくうどん屋さんを探しまくりの食べまくりで。
がっ!! お昼に入った郷屋敷さんと同じフロアにある居酒屋さん(?)みたいなトコで「伊予 宇和島の鯛めし」を発見。しかし、魔性の白い粉(を捏ねて切って湯がいたもの)でどーにもお腹がいっぱい…でも食べたい、完璧な本場じゃないけど同じ(括りの)国coldsweats01だし…と、しばし逡巡した結果、

「…ヨシ!! おやつなら、米食っても可!!」

と臨機応変に対応。とりあえず腹ごなしに玉藻公園を散策してから、その居酒屋さんに戻ると…

Dsc_1405

なんてこったいっcrying!!

その間、僅か2時間。「限定○食」ってワケでもないのに…ホントに四国さんは「臨機応変な対応」を許さない国だなぁ…。
「寺一つ回らなければ、うどんも食わせねぇ」(by.某地方ローカル番組coldsweats01)って、そのストイックさ好きだけど…好きなんだけどさっ!! 何も、そんじょそこらの市井の一平民にまで、そんな仕打ちをしなくてもいいと思うの…weep

というワケで、図らずも初志貫徹するコトになってしまいました…鯛めし、食べたかったよぅ…でも、今の我が家では「宇和島に直乗りして鯛めしはマスト、ついでに焼鳥と焼豚玉子飯も食べる」という計画が進行中なんですねーcoldsweats01転んでもタダで起きるもんかっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

うどーん!!

玉藻公園でお話した観光ボランティアのおじ様に(地元の方の)お薦めうどん屋さんを訊いたところ、

 「さか枝竹清だねぇ…」 それ、めっさ有名店じゃないですかー!!
 「やっぱり地元の人が美味しいって言うから、どんどん有名になっちゃうんだよね」

…一理ある、とゆーか、なるほど納得。

 「出汁もね、讃岐はいりこだけなんだけど、最近は関東から来る観光客向けに鰹節も入れる店もあるからね」

…ああ、関東の人は鰹節の匂いに敏感だし弱いから。まあ、

色々と、ためになるお話が聞けました
(聞きたくなかった部分もあるけどcoldsweats01

そんなこんなで、「じゃあ、ガイドブックに載ってるトコに行くか」と

Dsc_1404

うどん匠 郷屋敷
(手前:ぶっかけ温玉、奥:ぶっかけと野菜天丼のセット)


Dsc_1406 Dsc_1407

超手打ちライオン通り こんぴらうどん
(左:ざるうどん、右:しゃぶしゃぶ肉うどん)

の2軒に行きました。結果的に「全然違って、そこがイイ」というチョイスになり、「どちらが好きか?」じゃなくて、「どちらも好きheart01って。郷屋敷さんは関東の人が想像する「王道の讃岐うどん」って感じで、こんぴらうどんさんは「胃をやられていても食べられる」(by.ダンナ)優しい味です。
まあ、個人的にはこんぴらうどんの佇まい…とゆーか、店内の落ち着き具合と、町(=ライオン通り)への埋没っぷり、そして女将さんを始め従業員さんがとても良かったです。郷屋敷は立地的に、ちょっとビジネスライクかなー、って。

そして「鶴丸」と「五右衛門」ですが…「お宿に戻って一休み」どころか、うっかり爆睡。気が付いたら、閉店時間を過ぎていましたcrying。くぅぅぅぅぅっ、不覚っ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

瀬戸内の海

(前の投稿で、「高松に遊びに行った」という流れから)

P1180132

ほぼ無臭

観光ボランティアのおじ様曰く、「海なし県から来た人は、“海の匂いがする”って仰いますよ」とのことですが、アタシ(=横浜の山ん中住み)の鼻は全く匂いを感じませんでした。
紋別に行ったときも思ったけど、やっぱ東京湾は臭いんですね…まあ、おじ様は「栄養が豊富」とポジティブにcoldsweats01言い換えてくださいましたが(瀬戸内海は貧栄養だそうです)。
波も非常に穏やかで、「せいぜいが50㎝」だそうです。でも、これが徳島のほうに行くと渦巻いちゃうんだから不思議なモンです。

そうそう、玉藻公園のお堀も瀬戸内海から引いた海水で、そこそこに真鯛が泳いでいました。最初、「…え? 淡水…ではない…?」と衝撃が。お堀の石垣を修理中の場所では、

P1180088

酸欠で瀕死の真鯛さんも

「よし!! 明日の朝は(宇和島名物だけど)鯛めしだ!!」とかは全然思いませんでしたよcoldsweats01
そんな玉藻公園は、

P1180089

鯛、大プッシュ

…悲しいことに、ここまで推されている鯛は、高松滞在中一切れも口にできませんでしたけどcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

道央弾丸ツアー:チーズと馬

とりあえずコンビ二で(殊の外ボリューミーな)おにぎりを買ってバスに戻り、おにぎり&さくさくパイ&雪こんチーズをもふもふと食べているうちに

Pb040109

明治十勝チーズ館へ到着

チーズの原料の担い手たる乳牛さんがお出迎え(?)してくれました。工場見学の前に簡単なレクチャーがあり、ここで出されたクイズ(Q2)に

Pb040111

「ここでボケて」という意味か…?

…この答え如何で、後の試食に影響が出るとしたら真面目に答えるべきなんだろうけど、ここまであからさまに「ボケて!!」と言われるのをスルーするのは…<芸人魂が疼くcoldsweats01
まあ、それは置いておいて。ここではモッツァレラとゴーダとチェダー、3種類のナチュラルチーズを作っているそうですが、チーズの製造工程は意外と共通性がありまして、大雑把に言うと、仕上げの段階だけが違うようです。そして、アタシは「銀の匙」8巻で、チーズの製造工程は予習済み。
工場を見学した後は、チーズ(最近、横浜でも見かけるようになったボーノ)の試食。大抵工場見学では物販(小売りっつーか)もあったりするんですが、ここではありません。ただ食べるのみ。

お腹がいっぱいになったトコで、本日のラストステージにしてメインイベント

Pb040124

リッキーくんのいる

Kimg0037

ばんえい十勝、帯広競馬場

「銀の匙」を読んで以来、どーしてもっ!! この目でっ!! ばんばを見てみたかったのです。ついでに言うとツアー会社が冠レースを開催するから、500円分の馬券購入券も付いてますしねcoldsweats01
で、レースは、というと…

Pb040114 Pb040115

すっげー面白かったheart01!!

もうね、サラブレッドの駆けっことは全然違うの。何てゆーか…サラブレッドの駆けっこは「お金が好きな人」がするもので、ばんばは「競馬が好きな人」がするものだと思ったのね。とは言え、旅行前日にばんえい十勝のオフィシャルサイトで、入念に予想したのはナイショcoldsweats01
第一障害はどの馬も比較的ぬる~っとクリアしていくんだけど、第二障害は障害までの助走距離の取り方がまちまちで、そこに駆け引きが生まれて…何かもう、本気で面白かった!! コレはハマるよぅheart01…つか、帯広に住んでたら、通い詰めると思う。

まあ、金銭的には惨敗したけど(そんでちょっと熱くなっちゃったけどcoldsweats01)、全然口惜しくないのも不思議。「いーモン見せて頂きましたっheart01」って感じで、ご祝儀だと思っちゃう。
それにコースのすぐ脇で、馬のスピードに合わせててけてけ走りながら応援しながら見られるのも、とってもとっても楽しかった。手の届く距離ではないけど、騎手さんと馬の表情(?)をほぼ目の前で肉眼で見られるって、サラブレッドの駆けっこじゃ味わえないよね。

で、レースは続きますが、アタシ達はパドックツアーへ。スタンド外のふれあい動物園で、注意事項やばんばに関するレクチャーをさくっと受けた後、厩舎へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道央弾丸ツアー:幸福な帯広

Pb040091

開始はここから
(まあ、家を出てから帰るまでが旅なんだけどね)

羽田早朝(?)便でたんちょう釧路空港着。さて、ここからが長距離移動の開始で、帯広市の郊外、現在駅舎改築中の幸福駅を目指します。
道中、浦幌の道の駅で休憩があったんですが、この時点でケツはほぼ全壊(クドいよーですが、原因は「座りすぎ」です。確かにアタシは痔主でもありますけどっcoldsweats01!!)。それでも、無情にバスは一路、幸福駅に向かいます。

「駅舎改築中ってコトは、ブルーシートとか掛かってる、結構レアな画像が撮れるかもーheart01」とウキウキしてたんですが、

Pb040097 Pb040103

めっさ残念…down

ガイドさん曰く「台風(16号)の影響で、作業が遅れてる」とのコトですが…いや工事、もう佳境に入っちゃってるよね? まあ、内部はスッキリしてて、これはこれで多分レアになるんだろうけどさー。どーせ工事が終わって開放されたら、ベタベタ貼りに来るヤカラが山ほど来るんだろーし。
で、次は

Kimg0030

JR帯広駅

のすっげー開発が進んでた南口(マジで驚いた、私が知ってる南口ではなかったcoldsweats01)近くのホテルでお昼ご飯。これはオプションでして、帯広だとゆーのに中華のバイキングってコトなので、アタシ達はパス…つか、札幌在住時からの念願、ここは絶対に行っておきたい食べておきたい!! と

Pb040107

六花亭本店へ突撃
そして

Dsc_0584

本店限定のさくさくパイ&雪こんチーズをゲーットheart01

約7年越しの野望、ようやく結願しましたですよcoldsweats01。とにかく賞味期限が短い(さくさくパイは3時間、雪こんチーズに至っては2時間なのだ)ので、「本店行って食う」しかないのです。
お味は、というと…両方とも「賞味期限が短いのもむべなるかな」なサックサク感に、しっとりとしたクリームがナイスマッチ。さくさくパイのクリームは「ああ、六花亭だなぁ」、雪こんチーズはベイクドチーズ(…に、何しかの柑橘系が入ってるよーな気が)の酸味がタマらんでした。もうね、

来た甲斐、あった!!

と、思いましたです。ええ、エッラい混み混みで(振替休日だったのよねー)買うまでに思わぬ時間がかかって、予定していた豚丼が食べられなくなっちゃったけどcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

定番みやげ

Pb060211

と言えば、コレですよね

1泊2日で釧路→帯広→旭川を巡り、合間合間にばんえい競馬と(判る人には判る)後藤純男美術館で遊ぶ…という弾丸ツアーから帰ってまいりましたscissors
しかし、この2日間はケツの痛みとの戦いでした(原因:座りすぎ)。前回の流氷ツアー、まだ楽だったんだなー…と、つくづく思いましたです、ハイ。

画像は整理しつつ、ぼちぼちとアップさせて頂きます。とりあえず今回は「北海道の定番みやげ」の木彫りのクマさんです。ちなみに、この子

Pb060213

指乗りサイズ
(まあ、手に乗せちゃってますけど)

これを探して、札幌在住当時はサツエキと狸小路の土産物屋さんをクエストしたものですが…よもや南富良野で見つかるとはなcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧