グルメ・クッキング

2017年2月11日 (土)

高松空港での悲劇

Dsc_1427

…ぜーんぶ高松空港で売ってたさ…

到着初日、高松駅の近くで(土産用だの自宅用だの)うどんを買いまくって、高松滞在中は重い思いして持ち運び続けたのに…(屋島行ったときは、コインロッカー使ったけど)

高松空港は(別の意味で)うどんの聖地

でしたね。まー、有名ドコならほぼ揃ってます。つか、ガイドブックに書いておいて欲しかった…。

最後に、今回お世話になったガイドブックは、「tab!tte(タビッテ)四国」と「Poketa高松・琴平 さぬきうどん」。いずれも昭文社さん発行。
特にPoketaには大変お世話になりました。正直、これ一冊で充分だと思うcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

不本意な初志貫徹

「高松行ったら、米は一っ粒も食べないね!!」
(意訳:食事はうどんだけ)

と、飛行機搭乗前に宣言したワラクシ。高松に着いてからは宣言通り、とにかくうどん屋さんを探しまくりの食べまくりで。
がっ!! お昼に入った郷屋敷さんと同じフロアにある居酒屋さん(?)みたいなトコで「伊予 宇和島の鯛めし」を発見。しかし、魔性の白い粉(を捏ねて切って湯がいたもの)でどーにもお腹がいっぱい…でも食べたい、完璧な本場じゃないけど同じ(括りの)国coldsweats01だし…と、しばし逡巡した結果、

「…ヨシ!! おやつなら、米食っても可!!」

と臨機応変に対応。とりあえず腹ごなしに玉藻公園を散策してから、その居酒屋さんに戻ると…

Dsc_1405

なんてこったいっcrying!!

その間、僅か2時間。「限定○食」ってワケでもないのに…ホントに四国さんは「臨機応変な対応」を許さない国だなぁ…。
「寺一つ回らなければ、うどんも食わせねぇ」(by.某地方ローカル番組coldsweats01)って、そのストイックさ好きだけど…好きなんだけどさっ!! 何も、そんじょそこらの市井の一平民にまで、そんな仕打ちをしなくてもいいと思うの…weep

というワケで、図らずも初志貫徹するコトになってしまいました…鯛めし、食べたかったよぅ…でも、今の我が家では「宇和島に直乗りして鯛めしはマスト、ついでに焼鳥と焼豚玉子飯も食べる」という計画が進行中なんですねーcoldsweats01転んでもタダで起きるもんかっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

うどーん!!

玉藻公園でお話した観光ボランティアのおじ様に(地元の方の)お薦めうどん屋さんを訊いたところ、

 「さか枝竹清だねぇ…」 それ、めっさ有名店じゃないですかー!!
 「やっぱり地元の人が美味しいって言うから、どんどん有名になっちゃうんだよね」

…一理ある、とゆーか、なるほど納得。

 「出汁もね、讃岐はいりこだけなんだけど、最近は関東から来る観光客向けに鰹節も入れる店もあるからね」

…ああ、関東の人は鰹節の匂いに敏感だし弱いから。まあ、

色々と、ためになるお話が聞けました
(聞きたくなかった部分もあるけどcoldsweats01

そんなこんなで、「じゃあ、ガイドブックに載ってるトコに行くか」と

Dsc_1404

うどん匠 郷屋敷
(手前:ぶっかけ温玉、奥:ぶっかけと野菜天丼のセット)


Dsc_1406 Dsc_1407

超手打ちライオン通り こんぴらうどん
(左:ざるうどん、右:しゃぶしゃぶ肉うどん)

の2軒に行きました。結果的に「全然違って、そこがイイ」というチョイスになり、「どちらが好きか?」じゃなくて、「どちらも好きheart01って。郷屋敷さんは関東の人が想像する「王道の讃岐うどん」って感じで、こんぴらうどんさんは「胃をやられていても食べられる」(by.ダンナ)優しい味です。
まあ、個人的にはこんぴらうどんの佇まい…とゆーか、店内の落ち着き具合と、町(=ライオン通り)への埋没っぷり、そして女将さんを始め従業員さんがとても良かったです。郷屋敷は立地的に、ちょっとビジネスライクかなー、って。

そして「鶴丸」と「五右衛門」ですが…「お宿に戻って一休み」どころか、うっかり爆睡。気が付いたら、閉店時間を過ぎていましたcrying。くぅぅぅぅぅっ、不覚っ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

忘れ物を取りに

Dsc_1433

高松で食べ損なった
(ピンボケご容赦!!)

先月、ひょんなコトから高松に遊びに行ってきました。
で、まあ当然のようにうどんを食いまくり、お口直しに骨付き鶏を頂こうと思いまして、(玉藻公園にいらっしゃった)地元の観光ボランティアのおじ様オススメの「一鶴」さんに行ったのですが、平日だとゆーのに

激混みで入れねぇっcrying!!

むぅ、さすが人気店。「並んじゃおっかなぁ…」とも思ったんですが、この後はお宿に戻って一休みして、「鶴丸」か「五右衛門」に行かなくちゃだし…と、泣く泣く諦めました(翌日、琴電屋島駅のすぐそばにもあるのが判明したのですが、時間的にこれまた寄れなかった…weep)。

…という話を、祖母の法要のときに妹にしたら、「え? 一鶴なら横浜にあるよ?」と…いやいや、こっちが「え?」ですよ。
でもまあ、横浜にあるんなら…と、これまた妹に連れて行ってもらってリベンジ。

いやー、これは確かに美味しいわ。皆さんが並ぶだけある、納得。しかしオーバー40(アタシに至ってはアラフィフ)の二人組、いかに二人で挑むとはいえ、「ひな」と「親」を両方食べるにはちと厳しい…が!!

「ひな」か「親」かのどちらか、という選択肢もない

というくらい、両方とも美味しかったのです。「ひな」は肉質が柔らかく、肉の味が淡い分スパイスが効いていてご飯がすすむ、「親」は肉質ゴリゴリ、スパイスに負けない肉の味でビールがすすむ…何とゆーか、ヤヴァいスパイラルでしたcoldsweats01

ただ一つ、お願いがあるとすれば…キャベツ、もう少し増やして欲しいな、と。スパイスが効いてる分、キャベツの甘みが引き立ってねー…おめぇらイモムシか!! っちゅーくらい、バリバリ食べちゃったんですよねーcoldsweats01
次は「キャベツ、マシマシで」とお願いしてみようかなー…(また行く気になってる)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

禁断のオヤツ

Dsc_0856

ホントはリンゴなんだけど

愛している画伯のコミックに載ってた「禁断のオヤツ」。前から「作りたいなーheart01」と思っていたけど、なかなか実行に移す機会と勇気coldsweats01がなかったのですが、完熟状態のラ・フランスを大量に頂いてしまったので作ってみました。
コミックには「白ワインとメープルシロップで煮る」って書いてあったので、全部テキトーに作って、恐る恐る一口…をを、

すっげーウマいheart04

これは何というビギナーズ・ラック!!<作ったった本人が一番驚いてる。
ホントに適当に作っちゃったんで、厳密な分量ってのが判らない(知らない)…故に、味の再現性はないでしょうcoldsweats01
まあ、これで生のラ・フランスが残っても安心だし、リンゴへの応用も利くコトと思います。

【追記】
ラ・フランスは冷蔵庫で保存すると追熟が抑えられるそうです。でもって、このコンポートも、さほど日持ちしないらしく…ああ…。

| | コメント (0)

2013年6月19日 (水)

戦いは数

Dsc_0416

量産型ビク・ザム…見たくない…

近所のスーパーで売ってたので買ってみました。いやー、残り10個切ってたんでついうっかりcoldsweats01
しかし、あまりの大きさにエコバッグに入らず…だって、コレ

Img_6502

ちょっとしたHG(=ユニコーン)の箱くらいの大きさ

なんだもん。仕方なく「豆腐を手持ち」(正しくは「下から抱える」)しましたよ。おかげで、煙草を買うために立ち寄ったコンビニでは、レジの(若干の顔見知りの)おばさまに「それ何? え? お豆腐? 食べるの? 食べられるの? 何味なの?」と、質問攻めに遭いました。
くぅ…バッグにさえ入れば、「えっと…あflair!! ダンナがガンダム好きなんで、ウケるかなー? と思ってぇ…sweat01」とか、余計なアピールをしなくて済んだのに。後日、またもや煙草を買いに行ったら、「あのお豆腐、美味しかった?」って訊かれたさ!! 完全に面が割れたよ!!

帰宅して冷蔵庫に入れておいたら(これがまた、場所を取るったらない)、何も知らないダンナが冷蔵庫を開けて、

「何で冷蔵庫にガンプラが入ってるんだよっcoldsweats02?!」

とベタに驚いてくれて、図らずも「ドッキリ大成功!!」となってしまいましたcoldsweats01つか、アタシがビク・ザム作るワケないのにねぇ…まあ、エルメスは作ったけど。

まあ、色々と怖くてまだ食べてない(賞味期限は7月4日まで)ので、味の方は判らないんですが…早いトコ食べないと、これまた色々と不便…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

世界最●の朝食を

Dsc_0160

ご家庭で

…というワケで、新発売ですってよ奥さん!! 「世界最高の朝食」として有名になった「リコッタチーズのパンケーキ」が、ご家庭でお手軽にっ!!(<レンジでチンするだけ) そして、お安くっ!!(<発売記念価格なのか、2枚入って230円)
ホンモノを食べる前に、まずはバッタモンcoldsweats01でお試しですよ!!

さて、袋を開けてお皿に移し、ふんわりとラップをかけたら、レンジで温めるコト約1分。冷蔵庫にあるバターを乗っけて、添付のシュガーパウダーとメイプルシロップをかけたら

Dsc_0161

はい、出来上がりheart01

パンケーキの味自体は「…ふーん…」という感じですが、このふんわり感とゆーかふっくら感は、自分じゃ作れないだけに感動。
で、メイプルシロップが、ちょっと香ばしくうっすら苦く、甘さも(若干)控えめでしつこくなく…飲みたいくらい好きかも…heart01あ、シュガーパウダーはシュガーパウダーでした、それ以上でもそれ以下でもなく。
しかし、これだけ色々な味が立っていると、肝心のリコッタチーズの味が全くなくなるのね。まあ、元々が淡い味だから仕方ないっちゃー仕方ないんだけど、「ホントに入ってるのー?」と疑いたくなるコトしきり。でも、

Dsc_0162

きちんと入ってます
(判り難いけど、白い塊がそう)

書いてある通りに加熱しても、リコッタチーズが溶けないとゆー…結構強情なヤツだぜ。
問題は量なんだけど…いや、(アタシにとっては)ボリューミーでした。これを朝から出されたら、「おみまい」レベルです。昼に食べて良かったcoldsweats01

結論としては、「このお値段で、この量とクオリティなら悪くない」です。
しかし、これを食べたからと言って、ホンモノを食べたいかと訊かれると…うーん、機会があって、待ち時間がなければ食べてもいいかなぁ…でも、お高い(確か3枚で1400円)のよねぇ、それでこれと同レベルだったら…と思うと、ガッカリしたくないので(既にガッカリが前提、ぎずもさんも「さほど…」って言ってたし)、味は想像のままにしておきたい、って気もしなくもないなぁ。
…つか、アタシの舌には、これでも充分です。「1400円で30分待ち」なんてゆー危険でフザケた賭けはしたくないcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

子豚一家、改め

Sh3e1012

ここにて

「食の弾丸ツアー」(<ぎずもさん命名)を開催coldsweats01いたしました。まず一食目、

Sh3e1005 Sh3e1006

トリトンでお寿司~っ!!

そして間髪入れず(トリトンを出てすぐ左だったんでね)、デザートはつるっheart01

Sh3e1007

山田家さんのうどん~っ!!
(うどんの画像がないのはご愛嬌っつーコトでcoldsweats01

…という、「最初聞いたときは“コイツ、バカだ”と思ったけど、案外イケるもんだね」(きずもさん談)なラインナップでした。

トリトン(札幌時代にもお世話になったなー)は、誰かが言ってたけど「食材と職人を北海道から空輸」とゆーコトで、安心の高クオリティ。美味美味heart01 ただ、あっちより若干お値段が高いのは…空輸代とショバ代かしらcoldsweats01
山田家さんは、こちらも安心の高クオリティ。特に、讃岐がんぶく(&カキ)の天ぷらheart01!! 横から見ると、

Sh3e1008

こちらも見事なスカイツリー

さすが、やっすい養殖のトラフグとは全然違うわなー(天然のナシフグですし)。ちょっとお高いけど、これは食べる価値アリ。ついでに言うと、ダバダ火振は、焼酎嫌いなアタシでもすんなり飲める美味しさ。かすかだけど栗の味もして…うん、お酒飲んでる感は全然なかったですcoldsweats01。くぅぅぅ、せっかくロックにしたのに。ちなみにロックか水割りかお湯割りか、梅干かスダチかを選べます。

この後、ソラマチをぽてぽて見て回ったんだけど…スゴいね、テレビマジック。あのせっまくって短い通路が、広く長く見えるんだもん。ワイコンかフィッシュ使って撮影しているのか、とcoldsweats01
そりゃ、オープン当初にあんだけの人が来れば、通路なんざ歩けたもんじゃない、と思いました。
ぎずもさんとアタシ共々、お目当ての店でお目当ての品を買い、さて渋谷へ移動しようか…という段になって、「ここまで来たんだから、ご挨拶していきなさい」と

Sh3e1009

お約束の一枚

いやー、食った食ったheart01 ヒトの胃袋って、その気になれば結構入るモンですねぇ。わずか1時間半(その間、移動時間1分と待ち時間10分以下)の間に寿司とうどん、その他諸々かぁ…アタシの胃袋、子豚だ子豚だと思っていたけど、いつの間にか大人豚coldsweats01に成長してたのかもしんまい。
そんで、ぎずもさんの消化部隊の優秀は、某マnewmoon部長に匹敵(全食後30分くらいでケロリとしてた)…ウチら、「豚姉妹」と後ろ指を指される日も近いやもしれんなdown。あんなに「ここ(=トリトン)出て、すぐ左(=山田家)に入るなんて、お店の人とか並んでる人に見られたら恥ずかしーよーcrying」と言いつつ、いざざるうどんを前にしたら「…イケる…っshine!!」と思った人らしいやね…まあ、「うどんは別腹」ってゆーしcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月25日 (土)

隠れケンミン

Sh3e0793

ずんだ、ラブ
しかし、ずんだのルーツは独眼竜さんだったコトが判って、
ハーフ山形県民としては、プライドがズタズタ…こんなコトなら、調べるんじゃなかったweep

某デパ地下で見つけたので、速攻買ってしまいました。
で、コヤツら(あははー、3本買っちゃったーheart01)包んでもらっている間、販売員さん(比較的若いあんちゃん)に「ミニ大福」なる商品の試食を勧められ、一口頂いたのですが…あれ? コレって…えっと、

「…稲花餅(“いがもち”と読みます)に似てる…」

と、思わず言っちゃったトコ、販売員さんとお団子を作っていたおば様の目がキラーンshine…そして、某番組の某マスター風に言うなら、

「お客さん、アンタ…山形県民…だね?」coldsweats01

…いや、生まれも育ちも横浜北部。(母方の)祖父母とも山形出身ってだけで、「ネイティブ県民」ではないんですけどね。
「いやー、横浜で“稲花餅”なんて単語、聞くとは思ってなかったわーheart01」「山形(正しくは蔵王…か?)土産の定番ですよねーheart04 でも、最近の稲花餅って…」などと会話が弾んだので、「こりゃ、1本くらいオマケしてくれるかなー?」と思ったけど、そんなコトもなく(<当然だ、相手もお商売だしなっ!!)。

ちなみに、最近の稲花餅には黄色く着色された餅米が載ってないものが多く(笹の葉に載ってるのはデフォ)、あんちゃん&おば様と

「そんなんで“稲花餅”、名乗んないで欲しいよねーっannoy!!」

…と、盛り上がったコトも付け加えておきますcoldsweats01。いいですか、皆さん、黄色い(餅)米粒がぽちっと載っててこその稲花餅ですっ!! いやー、アレがないと彩りが悪いったら…美味しさも半減よっannoy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

創作意欲?

Img_6176

今度はコレ

某番組coldsweats01で紹介してた恵庭にある某ラーメン屋さんの「チャンマ」を、またもや見よう見真似で、しかもちょっとアレンジして作ってみました。
作り方は、チャーシューとメンマとかいわれ大根をざっくりと微塵切りにして、薄ーく小口切りにした白ねぎと混ぜ、ご飯の上にオンオリジナルにはかいわれ大根は入ってないし、白ねぎはトッピングされてます…が、どーせ最終的には混ぜちゃうんだし、と最初から混ぜてしまいました。

いやー、これまた美味しいっheart01

今回、(楽しようと思って)チャーシューは味付きの豚バラチャーシュー、メンマは瓶詰めのアレcoldsweats01を使ったので、味付けの必要ナシ。
かいわれ大根は彩り程度のつもりでいたんだけど、ほんのりした辛味が思わぬアクセントになってしまい…ご飯がススムくんでした(<明らかに食べ過ぎた)。

…しかし、この某番組はヤヴァい。たまーに、ご家庭でも作れそうなものが紹介されていて、しかもそれが悉く美味しいとゆーね…悪魔の番組coldsweats01
まあ、出演者にとっても悪魔みたいだけど…レクがなければ死んでしまうのに、「今回のロケでは、レクはありません!!」だもんねー。しかも、長距離移動になるとテイクアウトのオマケ付き。

あ、チャンマには「キムチチャンマ」というバージョンもあるそうです。それは確実に…食べる前から判る、絶対に美味しい、とcoldsweats01。酒の肴にもなりそうだし、次はキムチを入れてみるか。

    【追記】
    メンマが(控えめに言って)好きではないダンナも、「これだと、メンマのイヤな部分がなくなる」と言って、「今度はしっかり食べたい」とリクエストが入りました。
    ダンナの「メンマのイヤな部分」ってのが、味なのか食感なのか判りませんが…いやぁ、味も食感も残ってると思うけどなぁ…。でも、これでまた、ダンナの好き嫌いを修正coldsweats01してやりましたですよ、やったねっscissors

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧