札幌ぶらり徘徊

札幌市内を無目的にふらふらしてます

2009年2月19日 (木)

札幌の書店事情

Img_3167

こんなん貰ったの初めて

こっち来る前に、某取次さんから「札幌の中心部は、書店の激戦区だからねー」という話は聞いてました。これは暗に、「就職先には困らない、戻って来るならブランク空けるな」と言われているのか、とcoldsweats01
…確かに、中心部は激戦区でした。大通(地下鉄10分弱)か札幌(同左)まで行けば、探しているものは大抵見つかります。最初の頃は、「何てラッキーheart01!!」とか思ってたんだけど。横浜の頃に比べて、クエストがもー全然楽なんだもーん。

…去年の暮れ頃から、何だかワケ判んなくなってきました

まず、大通。(今、北海道では何かと問題coldsweats01の)丸井今井・南館、B2から4Fまでブチ抜きでジュンク堂が出店。並びにはアニnewmoonイトだとか何とかゆーソレ系の店、ブックnewmoonフ、地下街には(小さいけど)紀newmoon国屋とリーブルがあるし…で、ここを使うってコトは多分ないだろーなー…なんて思ってたんだけど。
この間、何の気なしにちょっと寄ったら…文庫&新書の品揃え、すっごくイイheart01!! つか、出版社セレクトのセット(newmoon潮は目算5セット)をそのまま丸で出してる、って感じもしますけど。でも、アタシが知ってる限りでは、ここが一番の品揃え。重版未定・絶版本以外、ほぼ揃ってるぅheart01あーん、目移りしちゃうーん。
なので、最近では、ちょっと遠いけど、てくてく歩いてここまで行ってます(冬場の運動不足解消も兼ねてcoldsweats01)。ちなみに、人文書・理学書なんかも結構よい品揃えなんだけど…いかんせん、雑誌が弱いま、雑誌は駅チカの書店やコンビニにお任せ、と割り切ってるんでしょーね、多分。

そして、札幌駅(つか、ぶっちゃけステラプレイス)。いつの間にか旭屋書店が撤退して、その後に三省堂が入っててビックリcoldsweats02。まだ部分オープンで、フルオープンは28日だそーですが…対面にある大丸の三省堂(小さいけど)はどーすんだろ。
で、(ご祝儀がてら)文庫を1冊買ったら、↑を頂きました。何でも「毎日先着500名様にプレゼント」とのコトですが…アタシが行ったの、午後1時過ぎ…時間的・立地的に考えても、ソレはヤヴァいでしょーcoldsweats01? レジも、旭屋の頃よりヒマそーだし(客はそこそこ入ってたんだけどねぇ)…フルオープンしたらバケるのかなぁ。3月になったら、また行ってみよっと。
あ、でもここだけはサービスコーナー(リファレンス)が完全に独立してて、こっちに力入れてんのかなー、と。

同じく、札幌駅・地下鉄直結で弘栄堂があったのですが…去年の秋頃だったかな、撤退しちゃいまして。で、この間、何気に通りかかったら、文教堂が入ってた…。

ちょっとしたクエストで、各店をざーっと回ったトコ(とにかく、札幌~すすきの間の書店をざざくざく回ってみた)、札幌駅なら紀伊国屋(最近、改装しちゃって文庫と実用書が探し難くなった…どころか、文庫がざーっと面陳<取り難いんで止めて欲しい)大通ならジュンク堂、と…うん、結局、巨艦大砲主義coldsweats01
どっちも駅からちょっと離れてるけど、歩く価値はある…どっちにしろ、ウチから(全部込みで)30分程度なんで、思い立ったらすぐ行けるし。本&クエスト好きには、たまらなく嬉しい環境なんだけど…金がっ!! ああ、無尽蔵に金があれば…coldsweats01いっそ図書館、作りてーよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

センスの問題

Img_2950

奇跡の一枚。でも、「ピサの斜塔」じゃありませんcoldsweats01
水平取れてないし、三脚使ってもブレてるし、ピンはボケボケ。
それでもコレは、随分とマシな方だってんだから…。

「S3でホワイトイルミを撮りに行こう!! ついでに三脚の威力とやらを見せてもらおうか!!」と、行って来ました>ホワイトイルミネーション。基本使いまわしなんで、一度見たら充分なんですけどね。
仕事上がりのダンナと合流して(ダンナの目当ては、先日購入した「魚眼もどきレンズ」の試し撮り)、ビール飲んで飯食って…いよいよ本日のメーンイベント、「人生初、三脚使って夜景を撮る!!」(…だったんですねーcoldsweats01)に。
が、三脚の使い方が(控え目に言って)よく判らず、そして一々面倒臭く(一枚撮るのに5分はかかるってさあっ!!)…終いには、「三脚大先生」ことダンナに「三脚を、使うではなく破壊へと、脇目も振らずにまっしぐら」と詠まれる始末。とにかく始終、背後と言わず右と言わず左と言わずcoldsweats01「力ずくで動かすなぁっ!! 壊れるだろーがぁっ!!」という悲鳴とゆーか怒号が飛びっぱなし。アタシ的には、三脚のヒューマンインターフェースに問題アリだろ?って思うんだけどねぇ、ははっ<反省の色、全くナシ。

そんな「どんな注意も叱責も、右から左へ軽やかに華麗に受け流す」ムーディな生徒(=アタシ)の作品。しかし古いなー、ムーディてcoldsweats01

Img_2936 Img_2965

ちなみに同条件でも、三脚大先生(=ダンナ)はこんな感じの仕上がりに。

Img_2957 Img_2955

…とてもとても同条件とは思えません。やはり問題はセンスと腕、そして経験(=場数)なんですかね…downなんですよ、っと。

結果、「三脚使うなら、水平器とリリースは必ず!!」と、強く認識しただけで帰って来ました(そして、「足場はきちんと確保しろ」と…何かねー、ざくざく沈むんだよね、三脚がcoldsweats01)。
お安い三脚(=「ないよりまだマシ」)だから水平器付いてないし、どんなにきつく固定しても、シャッターを押した瞬間にビミョーにカメラが動いちゃう…はぁsad。撮影中ずーっと、「今すぐヨnewmoonバシ行く!! そんで、水平器付いて150㎝くらいの三脚(一応約130㎝とゆー話なのだが、実際使ってみると多分1m切ってると思われ)とリリース買ってアイ・シャル・リターンだいっ!!」と思い続けるコトしきり。腕の未熟さは機材(の優秀さ)でカバー

ところで、クリスマス市(西2丁目辺り?)を歩いていたら、頭上から「ウギャギャギャッ、ピーピー」という騒音が…どー聞いても、こりゃムクドリ(何やら最近では、ここら辺で越冬することを覚えたらしい、意外と賢いじゃん)の鳴き声だよなぁと思い、探したトコ。

Img_2945

ごっつりいやがった
が、大先生の腕を以ってしても、これが限界な画像。

…コヤツらをばっちりくっきりはっきりがっつり撮れば、アタシは大先生越えか…そっかそっか…(<色々と企み中)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

禍々しいのだが

真駒内公園の散策中に、こんな木を発見。

Img_2766 Img_2767

…何か、ディnewmoonニー映画(<ちなみに大嫌い)に出てくるよーな、深く暗い森の奥にあって夜になると徘徊するワルそうな(簡潔に言うと「禍々しい」)ホーンテッド・マンションに移植してもいいって感じ。全体的にのほほんとした公園内で、たった1本だけ異彩を放っておりました。
ダンナもこの画像を見て一言、「ヤヴァそー、禍々しい」と(二言目は「キノコ、なかったか?」だったけど)。いやー、つくづく、夜じゃなくてよかった、って思いましたね。夜だったらチビってるcoldsweats01

でも、ふとイタズラ心が起きて、こーんな落書き(?)をしてみると。

Img_2767k

…あ、一気にお茶目に。どっかの教育番組のキャラクターにいそうな感じになっちゃったcoldsweats01いや、画力の問題か?(<「ある意味、画伯」と呼ばれる実力の持ち主らしいです)
今まで「禍々しいぞー」と思ってたのが、お友達になりたい度が急上昇。手ぇ繋いで、スキップしたくなる方(?)ですね。

いや、何事も見た目で判断してはいけない、ちょっとヒネって見てみよう…と、マジで思った瞬間でした。ま、大抵は見た目通りなんだけどcoldsweats01
服を買うときは縫合をチェック、カーテンを買うときは洗濯後の縮み具合まで想定しとかないとね(<色々ありました)…って、何の話coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

真駒内公園紅葉セレクション

「マイフォト」にまとめようかと思ったんですが…厳選した結果、あまりに枚数が少なくなってしまったのでcoldsweats01

Img_2735 Img_2741

  左:スタジアムの豊平川側に突然開けた「紅葉ロード」(<勝手に命名)
  右:…の一部

Img_2744 Img_2746

  左:またもや「紅葉ロード」の一部
  右:やはり「紅葉ロード」の一部

Img_2749 Img_2777

  左:ありがちですが、いい雰囲気だったので
  右:クリスマスっぽいカラーリングだなぁ、と

Img_2784 Img_2790

  左:ちょっとした高台から撮影してみました
  右:↑を滑り降りたトコから撮影

天気も良かったので、ウォーキング&ジョギングをしている方がかなりいらっしゃったので、なかなか大変でしたcoldsweats01特に一番上・左は、ある意味「諦念の一枚」。
ま、とりあえずこんな感じ…とゆーコトで、雰囲気だけでも伝われば幸いでございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

下も向いて歩こう

トゥ~ンdownとした気分のまま、五輪通に出て…いつものよーに、真駒内曙公園(何か、距離的にちょうどいい場所にある)へ寄り道。

Img_2719 Img_2720

をををっ!! ちょっと(?)紅葉発見。しかし、よーく考えてみると、若干の常緑樹でより一層赤が引き立つよなぁ、これが「植生の妙」かぁ…と。すごくいい塩梅で落葉樹と常緑樹が混在してて…「建物を建てるときは、夏を基準とせよ」ってゆーけど、「庭(「景観」でも可)を造るときは、秋を基準とせよ」と言いたくなりましたcoldsweats01人によっては春か?
こーゆーの、あんまり関東では見ないんですよね。何てゆーか…「赤・橙・黄!! の三色以外は認めません!!」つーか、「緑なんて入っていたら興ざめ」って感じで。ま、アタシも昔はそーだったんだけどcoldsweats01

そして、よーやくのことで真駒内公園へ到着…が。

Img_2721

紅葉、どこおっ?!

…めっちゃ青々してますやんcoldsweats01遥か彼方にうっすらと錆びてる気配はあるけど。
ま、予想はしてたけどね(<完全な負け惜しみ)。念のために曙公園にも寄ったんだし…と思いながら、ぽてぽてと公園内を散策。ついでに一周したろ、と(<果てしなく無謀な行為であることに、この時点は気が付いてませんでした)。

Img_2723 Img_2727

でも、真駒内川・豊平川方面へ歩いて行くと、こーんな感じで紅葉が。あんじゃん!! 隠してやがったなー、こーいつぅheart01などと思いつつ、色んなトコで撮影。結構、(アタシのとは比べ物にならないほど良い)カメラを持った方々もいらっしゃいまして…アタシはお手頃な撮影スポットだと思っていたけど、本当はそこそこちゃんとした撮影スポットなのかー? とか思ってアセリましたです。すみません、シロートがホントにすみません<小心者。
とにかく、ぽてぽてと撮影しながら散歩(…になったか、いよいよ)していると、推定3歳の男の子とそのお母さんの会話が聞こえてきました。

「上ばっかり見てないで、下も見なさい」

話の流れが判らないから、お母さんの口調だけで判断すると…3歳児くんは紅葉に見惚れて、ずーっと上を向いて歩いていたらしい。
「ま、そーだよね。その気持ち判るぞ、3歳児good!!」(つか、アタシも基本は3歳児レベルか…)と心の中でエールを送ったものの、お母さんに注意されたから気をつけよっ、と下を見ると…。

Img_2730

(見知らぬ)お母さん、ナイスっheart01!!

すっげぇ綺麗な落ち葉でした。こりゃ、まーさーに「落ち葉の絨毯」ですわ。
…もしかしてお母さん、これを見せたくてあんな注意を? 「足元危ないよ」って意味じゃなかったのかも。

たまたま聞こえたコトが、思わぬ発見に繋がるものだなぁ…と思いました。
きっと、お母さんのあの注意(?)が聞こえなかったら、こんな風景に気づくことも、見ることもなかっただろうと思うと…「巡り合わせ」って言葉の意味が、ちょっとだけ判った気分ですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

季節はずれ

先週の天気の良い日に、真駒内公園まで紅葉狩りに行ってきました。
いや、実は天神山に行くつもりだったんだけど…天神山、一回狩ってるしなあ、と思いまして。常にチャレンジです、倒れるときは前のめりですcoldsweats01

「狩るぜ、紅葉っ!!」と決めていたので、S3の準備もバッチリheart01。エネループも充電して(余談ですが、エネループは充電に意外と時間がかかると思う…一応、リフレッシャーも兼ねてるって話だけど)、いよいよ出撃!!
今日はお腹いっぱい、紅葉を狩って狩って狩りまくるぞーup!! と意気込んで平岸通を(かなりの大股で)闊歩していると。

Img_2709 Img_2714

ヒマワリとタンポポ、咲いてました。

今は秋…とゆーより、10月ではなかったか?! 山の方じゃ(ウチも若干「山の方」ではあるのだが)雪虫が飛んでるゆーのに、なもんで、ここんトコ日々慌てて冬支度をしてるゆーのに…ま、タンポポは百歩譲って(ホントは譲りたくないけど)ヒマワリて?! 夏の花じゃん!! つか、夏だって、ここら辺で見てないし!! 一体、何で今頃…?
…何か、「紅葉狩るぞー!!」って気分が一気にdown。正直、平岸通さんは空気読んで欲しいなぁ…とcoldsweats01

Img_2713そんでも、こんなの(←)もあり…知らなかったけど、ネコジャラシも紅葉するんですねcoldsweats01ネコジャラシは緑か黄色しかないと思ってましたよ、今の今まで。

真駒内公園に辿り着くまでに、こんなにもネタ(?)を発見しちゃって…紅葉を狩りに行くんだよ? 街の不思議発見じゃないんだよ? 判ってるよね、アタシ…と、激しく自分を叱咤しましたです(激励はしない)。
…何か、思いっきり不安な出だしだよなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

荷物抱えて寄り道

前々回の記事の続き。「ミュンヘン大橋から豊平川を遡上してさけ科学館→ポスフールでお買い物。さて、帰り道には一体どんなトラップが?!」とゆー話です。

トラップ…とゆーより、単に「真駒内公園が赤かった」とゆーだけなんですけどcoldsweats01

いえいえ、最近の社交では、「今年は秋をすっ飛ばして冬になっちゃいましたねぇ」が枕詞(そして納得される)。
まあ、これは主に気温の面の話(ある日突然ぐぐっと下がって下がりっぱなしな状態が今のトコ続いてます)。で、そんな気温なら紅葉しててもええじゃないか、と思われるのに今だ山は緑(<前々回の画像をご参照くださいませ)…うっすらとゆーか、ほんのちょびっとだけ、寛大な心で見れば黄色があるかなー? 程度。

どーやら、今年は紅葉を望むべくもないらしいweep。いや、いーんだけどね、別に。

…とか思ってたトコにコレ(↓)。

Ts3g0115 Ts3g0116

ををっ?! 赤いじゃん!! 紅葉発見か?!

などと思い、確認するべく真駒内公園へ寄り道。心は「赤く染まった謎の植物の実体を解明するのだ!!」的な、ある意味川口浩か藤岡弘、になった気分coldsweats01
でも、大変残念なコトに、出かけにはこんな事態(=遡上したり小さい秋を見つけたり)になると想定してなかったので、S3は自宅に置きっぱ。手持ちは、携帯電話のカメラだけ。
まあ、最近の携帯のカメラはそこそこ撮影できるし問題ないでしょ? と思っていたのですが。

まず、赤い植物の正体はコレでしたcoldsweats01
多分、南天かナナカマド(<悲しいくらいにモノを知らない)。

Ts3g0113 Ts3g0114

おまけに、マクロで撮影したらピンボケ

こーゆーのがごっつりなってて、遠くからだと全体が赤く見えました、とゆーオチでした。全く残念至極。しかし、遡上中に眺めた藻岩山よりも若干秋的な雰囲気はありましたがね…何となく、だけどcoldsweats01

ところで、真駒内公園のアイスアリーナ側は、ぼっこぼこ松ぼっくりが落ちてました(去年は全く気が付かなかった)。
…ん? 確か松の根元って(松の種類にも依るけど)、松茸とか落葉キノコが生えなかったっけ…?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

そうだ、遡上しよう

本日、いつも行く巨大書店を経由して、川沿のポスフール(実は、書店とは反対方向)へお買い物。
で、車でしょっちゅう通ってる230号線(=石山通り)ならバスでもあるべ、と思ってミュンヘン大橋を渡ろうとしたところ。

Ts3g0093

…豊平川って、下ったことはあるものの、上ったことはなかったなぁ…。

じゃ、ちょいと豊平川でも遡上すっか、ちょうどシーズンだし(<前世、犬ではなく鮭だった模様coldsweats01)。

Ts3g0097 Ts3g0101

こーんな光景の中、とにかくぽてぽてと歩く。

Ts3g0095

こんな標識があったり…

Ts3g0100 Ts3g0104

横向いたり、後ろを振り返ってみたり。
気が付くと、支流(真駒内川)を遡上していて

Ts3g0108 Ts3g0109

Ts3g0112

更に気が付くと、いつものさけ科学館に到着。

ついでに寄ってくか、と思ったんだけど、小学生の団体さんがいたのでパス。
そーいや、ミュンヘン大橋んとこでも、某幼稚園がマラソン大会などやっていて(がつんと横断幕張ってたからね)…今日、子供づいてんのかcoldsweats01

しかし、こうやって豊平川沿いをぽてぽてと歩いてみると…石山通り使うより近くね? 距離、随分と短くね? と思いましたです、はい。
おまけにすぐそこが川で、せせらぎとゆーかしゃらしゃら流れる音もね、何かいいんですよwink多分、ほんのちょっとマイナスイオンも多いと思うし。

で、無事ポスフールでお買い物を済ませたのはいいんだけど…突発的に、無性に闇雲に歩きたくなるとゆー悪癖を持つアタシ、また歩いて帰ろうと思ってしまいましてcoldsweats01荷物あるのにね。
ま、今度は(そこそこ)最短距離で帰るつもりだったのですが…どこにあるか判らないから、トラップはトラップなんだよねえcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

水族とスキャンダル

えー…前回が災難ネタでしたので、今回はスキャンダルネタです。
更新が遅れたのは…すんません、外出先で2回も貧血起こし(でも倒れなかったぜ!! 軽く脱水症状にはなったけどなcoldsweats01!!)、寝たり起きたりラジバンダリな生活を送ってました、今日まで。本日、完全復活です!! …多分、もう大丈夫だと思う。

●スクープ!! 畑道氏、熱愛発覚?!
Img_1638…つか、浮気発覚です。パブリックな場で、しかも御台様の前で何てコトを(「しろ!!」と指示したのはアタシですけどcoldsweats01)。あまりにも熱ぅく見つめ合っていたので、「You、チューしちゃいなYO!!」と言ったら、サービスしてくれました…って、どっちが?
これがキッカケで、畑道氏はめでたくご懐妊。3分後には、「マジ臨月」ってくらいの腹(=メタボ)。いつ、どんなお世継ぎが産まれるか、今からとっても楽しみですcoldsweats01…つか、アンタ、食い過ぎ(とにかく、めっさごっさ食べてたcoldsweats02、ギャル曽根ちゃんに勝てるんじゃねーか、と)。

●御台様が大ファン・木村鳳凰、水没水槽見学
Img_1710御台様は知る人ぞ知る洋二ファン(「洋」ではなく「洋二」)でございます。ですので、拙宅にご足労願った折、録画しておいた「木村聖誕祭'07」をご覧頂きました。御台様は大層お気に召されたご様子でございました。
サンピアザ水族館に入ったときに、「鳳凰(=木村洋二)が溺れた水槽は何処?」とご質問をなさったので、「ははっ、こちらにいございます」と案内したところ…水槽を前に三人が、「…何で溺れるかなぁ?」
どー見ても、水深は2メートルあるかないか。むしろ小さくってがっかりかcoldsweats01ある意味、ここで溺れるってゆーのは、ミラクルか(バラエティの)神が降臨したか…もっのすごく運動神経がないかのどれか。多分、最後のが正解。
「やっぱり鳳凰って、ニュースも読める芸人さんなのかも…」と、その場にいた三人が三人とも思ったのはナイショ。

まあ、後は「電気ウナギの発電ショー」とか、何とかゆー魚の「輪くぐり」&「ゴルフ」(<これらは昔の油壺マリンパークでやってたのとほぼ同じ)、ゴマちゃんの給餌などを堪能して(そしてアタシは、チンアナゴとネコザメとウツボのマスコットを買って)、水族館を後にしたのでした。
そして、横浜に戻った畑道氏から泣きのメールが届き…アタシはもう一度、新札幌へ出向くコトになるのでした(請求書、同梱しますんでひとつヨロシクcoldsweats01)。おほほ、水族館に行く口実が出来たわよーん!! …って、今、夏休みやん!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

畑道ご夫妻の災難

前言撤回、タイトル変更!! 何か書いてたら、思いのほか長くなっちゃったんで、サンピアザ水族館でご夫妻を襲った悲劇(?)を、まずご紹介します。ネタをありがとう(<ついでに、横浜帰ってからもネタをありがとう、だcoldsweats01)。

水族館2階には、サケの稚魚やらイトウ、ニジマスにサクラマスとアブラっちな水槽がありまして、何と!! 「エサをあげてもいいよんheart01」(当然、エサは売店で買うのだが…一袋20円、先着50名様限りだそーだ)という自由奔放な展示方法になってます。

Img_1666 Img_1667
(エサは乾燥エビでした)

で、当然のコトながら、大人なアタシ達は(財力に飽かせて一人一袋ずつ)エサを買い、各々好みの魚の水槽前(御台様→サクラマス、畑道氏→ニジマス、アタシ→イトウ)でエサをあげ始めたのだが…アタシのイトウさんは、エサに見向きもしてくれません(沈んでブヨブヨになってしまいましたweep)。
何とか食わせようとしていると、突然「痛ぇっ!!」 と悲鳴が上がり、振り向くと畑道氏がパニックを起こしています。「食われた!! 指食われた!! 痛ぇ、骨折れてるかも!!」バカな大人ですcoldsweats01。が、しかし、サクラマスにエサを与えていた御台様も「噛みつかれたぁっ!! 歯がっ、魚の歯の感触がっ!!」 むっ?! 御台様の御身に傷がっ?!

お二人から話を聞くと、「エサ摘んで水面に近づけると、飛んできてひったくる」(特にサクラマスに顕著だったよーです)だそーで…おーおー、活性高いなぁ。「だったら…」というコトで、急遽「サクラマスvs大きいお友達3人組・食うか食われるかチキンレース」を、サクラマスの水槽前で開催。
ルールは簡単、「エサを摘んだまま、どこまで指を水面に近づけられるか」。エサを取られたり、驚いて指を引っ込めたら負け。

…ぶっちゃけ、一番のビビリーは(言いだしっぺの)アタシでしたcoldsweats01。いやー、怖かった!!

「FFやってたクセに、ドライ大好きなクセに」とか思うだろうけど…違うのっ!! 怖さが段違いなのっ!! 何てゆーか…臨場感? 5.1chホームシアター的サラウンドシステム?
もう、目の前でびちびちっ!! と自分めがけてジャンプされちゃうとね、頭で「害はない」って判ってても反射的に腕(指だけじゃないぞ!!)が引っ込むんだよ。遠くでドライに出るのとはエラい違い。
この迫力、子供だったら絶対に泣くそしてトラウマ。多分、一生魚が食べられなくなるくらい、マジで怖い(大人なので、「昼飯は寿司にしよっか?」と言いましたけどcoldsweats01)。

…つか、水面にばら撒きゃいいんだよねcoldsweats01。何も、手ずから食べさせなくてもさ。でも、ここまで活性が高いと遊べそうな気がしちゃうのは、(元)釣り人のサガなのかもなぁ。
ちなみに、御台様のお身体には傷一つなく(甘噛みと思われcoldsweats01)、畑道氏はその30分後「…あれ?噛まれたのって、どの指だっけ?」という有り様でした。めでたし、めでたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧