« まだまだある | トップページ | 千里の道も »

2008年12月20日 (土)

無意識の選択

Img_2930

帯に魅かれた上にジャケ買い

とりあえず確認のため、裏表紙の粗筋をざーっと読むと…「訓練中に小銃が紛失」、「通信回線」、「閉鎖的な島」…何と言う魅惑的な単語が並んでいるんだろうcoldsweats01
しかも、「エンターティメント」でなく「ミステリー」('02年度本格ミステリ・ベスト10、4位だそーです)だってんだから、悩む隙ナシ!! これが「このミス」の評価だったら、ちょっと悩んでた。

…と読み始めて、比較的すぐに「…アレ?」と思いまして…何か、すっごく見覚え(?)のある登場人物がぁ…もしかして、やっちまったか?(=ダブリか、ハードカバーで買って売った)
「もう何度目なんだよぅ…crying(<比較的頻繁)と思いつつ、折り返しを確認すると。

Img_3000

…良かった、ダブリじゃない。コレ、読んでたんだ。
(そして多分、ジミバちゃんトコに回した…はず)。

えー…正直、「アンノウン」の著者名を覚えてなかったですcoldsweats01(話の筋と登場人物は覚えてるんだけどなぁ…ポリポリ)。なので、この本は無意識で直感の選択…つか、シリーズ物だったんですね、知らなかった。
粗筋は、帯&裏表紙の通り(<本屋さんで確認だ!!)。メインの登場人物は前回と同じく、観察力・洞察力に優れ、頭が良いけど飄々としている朝香さん(二尉)に、「真っ当至極」な野上君(三曹)…この組み合わせって某「相newmoon」を彷彿とさせますなぁ、見てないけどcoldsweats01あ、でも朝香さんはコーヒー党だし、野上君もあそこまで直情体力バカcoldsweats01じゃない…何より二人とも、「newmoon棒」チームよりは圧倒的に若いし。…ってゆーか、「典型的且つ王道なバディなのね、この組み合わせって」と思いましたですよ、ホームズとワトソン的な。

この人の書く話のどこが面白いかって、謎解きもそーなんですけどね…リーダビリティの良さで、たまーに細すぎる伏線を見逃すんですよねぇ、うっかり(注意力散漫なのかな?)。で、最終的にここを突かれるのが精神的に快感coldsweats01だったりするんです。今回もいきなり見落としたし。
そんで、舞台が舞台のクセに、エンターティメントな要素が一切ない。もお、実に地味ぃ~に、でも着実に真相に到達する…ってのが、これまたイイんだ!! 同じ舞台で展開する別なエンターティメント(ぶっちゃけ、福井敏晴)作品を読み続けてきた者としては、何かボディブローのように効いてくるんだよねぇheart01「この地道さ、本物っぽい!!」と。

…とゆーワケで、ダンナが(またまた)出張中なので、さくっと一気読みしてみました。ダンナがいないと「活字がご飯」になっちゃうんだよねぇcoldsweats01そんでもって、机の上はこの有り様(あ、一番下のは、読書疲れ&運動不足を解消させるストレッチの本です、付箋がいっぱい貼ってあるでしょcoldsweats01?)。

Img_2999

とりあえず、上から順繰りと…って。
そうそう、前回の「積ん読山」、一瞬の狂気に狩られて突き崩しちゃったcoldsweats01

 

|

« まだまだある | トップページ | 千里の道も »

コメント

うんにゃ、読んでないぞ>アンノウン
ワタシの触手にさわらないワケがないから、たぶん。。入ってなかった・・と思う^^;

どうやら「殺人」なし、「派手なドンパチ」なしのホントに地味な・・
特殊な空間の中での心理戦ってのも・・・
ある種図書館戦争を小説化するとこんな世界観が展開するんじゃないか?
みう姉の文字見ててぼぉ~と考えちゃいましたわ。

いや、あくまで「抜粋する部分」を間違えず小説化できると!ってことだけどさ。
乙女な部分抜粋しちまうと・・・ベクトル違い^^;

ふ~みゅ、視点違えばなんちゃら。。だわな^^; 失礼しました_(._.)_

投稿: ジミバ | 2008年12月21日 (日) 09時03分

…ア、アレcoldsweats01? じゃ、ドコに行ったんだろ…?
アタシの記憶の中では「出版社も翻訳者も変わって読み難くなったクーンツの最新作」と一緒に送った…と。もう一回、腐海探索してみっかー。

全く「乙女要素」coldsweats01はないですからねぇ…「アンノウン」にしても「アンティニッシュド」にしても。ホント、ただ地味~ぃに物語が展開していくワケでして…クるんですよね、このテンポが。
更に言うと、心理戦&頭脳戦ってのは、書く人の力量が問われるワケでして…某「交渉人」(著者はまた別な人)は、最初でオチが読めて全くその通りの展開になってウツになったったりしたんだけどね(以後、その方の書いた作品は「”交渉人"の人だしなぁ」と敬遠するように)。
シロートが読める展開&オチってさあっ!! ま、ヒネリがなくて直球、とも言えるがな<それはそれで好きなんだけど。

とりあえず探して回します…期待しないで待っててねん。
そんで、アタシが見つけられなかった「乙女要素」を抽出して、レポート(A4・1枚)を提出するよーにcoldsweats01

投稿: みう蔵 | 2008年12月21日 (日) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114960/34601100

この記事へのトラックバック一覧です: 無意識の選択:

« まだまだある | トップページ | 千里の道も »