« FREEDOM | トップページ | 気の早いクリスマス »

2006年11月29日 (水)

観ちゃんの演技力

「ナースのお仕事3」の再放送を見てて思った…やっぱ、観ちゃん(=観月ありさ)は可愛い!! ん~っ、もお、ぷりてぃっ!! アタシの観ちゃんファン歴は…ゆうに10年以上数えるんじゃなかった(;_;)
コメディエンヌとしての資質もさるコトながら…というより、コメディエンヌだからこそ、彼女は凄い演技力を持ってるなぁと感心してしまうのです。

何故なら、「ナースのお仕事1」の最終回。当時「鉄壁の涙腺」、「フランダースの犬」の最終回以外では泣かないアタシが、ぼろぼろと泣いてしまったのだ(以降、アタシの涙腺はゆるゆるになってしまった(^^;))。感情が、すごぉぉぉぉく「朝倉いずみ」にシンクロしてしまい、目が真っ赤になり腫れちゃうくらい、泣いてしまったのだ。
この時、「あー、この子の演技力は凄い!! ここまで人をシンクロさせる演技って、並みで出来るモンじゃない!!」と思ったのね。

で、月日は流れ…観ちゃんの演技力の凄さを再確認する作品が…映画、「ぼくんち」。あー、映画館で見なくて良かった(^^;)。もぉぉぉぉぉ、泣いたね!! ラストなんか、タオル握り締めて泣いてたもん。
映画化の噂を聞いたとき、かの子役には優香や他の、いわゆる「癒し系」女優の名前が挙がっており、「こいつらじゃダメだろ?」と思ったのね。だって、アタシは癒されないもん(^^;)。その後、「かの子役は、予想ガイなサプライズ(<意訳)」との話も聞き、一体誰がやるのだろう、と。それが、観ちゃんにっ!! ホント予想外だったよ、驚いた(別の意味でも驚いたけどね、観ちゃんの事務所、よくこのオファーを受けたなと)。
でも、アタシにとっては「もー、コレは小学館がアタシのために作ってくれた映画なんじゃ…」というくらい、ビンゴ!! 西原理恵子を「人生の師」として仰ぎ、大大大好きな観ちゃんがかの子!! 何とゆー、素晴らしいタッグ!! 猪木と馬場なんて目じゃないぞ(^^;)

そんで、「これは、もう、絶対にDVDで買わなきゃ!!」と発売当日(ごめん、実はフライングした)にゲット&即鑑賞して…ラストで号泣。
凄い、凄すぎるよ、観ちゃん!! 原作読んでる身としては、かの子って凄く難しい役だと思うのね。単に明るいだけじゃなく、背中に一本、人としてどしんと芯が通ってて、それでいて透明感と、母性とゆーか包容力としたたかさも…難しいな、言葉にするのが。とにかく、そういう役なのね。
それをっ!! (アタシが見る限りでは)ほぼパーフェクトに再現しちゃうんだもんなぁ…しかも、あの名台詞を、観ちゃんの口から聞けるなんて(^^;)。

何か、今イチ作品に恵まれない感(…というか、話題にならないよなぁ(^^;))がある観ちゃんですが、アタシは見てるから!!(<ストーカーっての?!) 演技力も評価してるよ!!
うう…観ちゃん、凄く良いのになぁ…ぐっすん。でも、コメディエンヌとしての観ちゃんは…何故か、生き生きとしてみえる(^^;)。

|

« FREEDOM | トップページ | 気の早いクリスマス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/114960/36389683

この記事へのトラックバック一覧です: 観ちゃんの演技力:

« FREEDOM | トップページ | 気の早いクリスマス »