2019年2月18日 (月)

10年目の発見

1550466463623

こんなのがあったなんて…っ!!

所用で近所をふらふらしたとき、水音が聞こえてきたので(これまた)ふらふらと近づいてみると…そこにはっ!!

人工の滝 がっ!!

このすぐ傍までは何度も何度も、それこそ「目ぇ瞑ってても歩けるぜっ!!」というほど来ているのに、ホント全然知らんかった…市井の一介の滝好きとして、何という屈辱。
規模的に、音が聞こえてもいい範囲までは足を踏み入れてるはずなんだけどなぁ…気がつかないモンだなぁ…。

「竹と滝」という、大好物二つが揃った奇跡の場所でした。これからは意味もなく立ち寄ってしまいそうです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年1月29日 (火)

ギザぎざ10

10ennk

ちょっと数えてみた

ダンナの余剰小銭を、(主に代引とか出前取ったときの端数要員として)瓶に入れて貯めているのですが。
本日「財布、パンパンになった」と新たな供給を受けたついでに、今まで貯まった分を調べてみました。結果、約200枚/3500円相当のなかなかの好成績に気を良くしたワタシは、これまた貯めておいたギザ10が一体何枚あるのか気になりまして…うん、今まで数えたことないし。
で、ただ枚数を数えるだけじゃつまらないので、製造年別に積んで…って、

ヒマか?

こちらの結果は↑の画像の通り。左から昭和26/27/28/29/30年、昭和31年はなくて32/33年の順です。
「何でこんなにバラつきが…もしかして、製造枚数?」と思ったので、ちょいっと調べたら(fragment.database/現行硬貨(1円玉〜500円玉)年別発行枚数一覧【昭和24年〜平成31年】→ http://www13.plala.or.jp/bigdata/coin.html )、実に判り易い形で因果関係…というか相関が。そして、何故昭和31年がないのかという疑問も…つまり、

作ってないんだね

あー、そりゃないわなー。むしろ「昭和31年」と刻印された10年玉があったら、速攻警察に届けるレベル(その前に画像を撮るけど)。

ちょっと前(?)に「存在しない/有り得ない」という意味で「左利き用のキャッチャーミット」というのが流行ったけど…コレ、実際はあるワケだし(某密林さんで探すと、わさわさ出てくる)。
これからは「存在しない/有り得ない」の代名詞は「昭和31年の10円玉」だなー、などと漠然と思ったのでした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

とっくに明けました

(昨)年内いっぱいのはずだった仕事が年明けまで引っ張られまして、去年のクリスマスから年明けまで連チャンで出勤。且つ、就職(?)活動と物件探し(引越しを考えてるのです)も重なって、

もー、しっちゃかめっちゃか

でした、1月の中旬まで。ようやく色々落ち着き始めて、「あー…何か、今年のお正月の記憶がないなぁ」と。せいぜいが箱根駅伝を見てて寝落ちした、くらいしか。

で、1月も下旬になって。現在のワタシは…ほぼ東の奴隷となっているのです。
土曜(つか日曜?)にはBSで「面白南極料理人」を見、月曜には「よつば銀行原島浩美がモノ申す!」を見…うん、日テレの「3年A組~」も見てるけど。
テレ東の2作品は当然(?)原作既読&かなり好きでして。正直、「めっちゃキチンと作ってるなー」という感じです。子は置いておいて(まあ単にイメージが違うのと、滑舌がよろしくない)
やっぱりね、製作陣が原作リスペクトじゃないと、面白いドラマは作れないよねーって。何と言うか…小手先の勝負はしてないって感じがいいなー、と。

で、そのレ東が、4月から「きのう何食べた?」をドラマ化するそうで…うん、テ東で良かった。某お台場にあるテレビ局が、やっぱり同じ原作者のコミックをドラマ化したんだけどね、アレ、ちょっとした黒歴史だから(←今だ根に持っている)。でも、

レ東なら安心

つか、今一番面白いドラマを作ってるのって、ここじゃない?って。
「孤独のグルメ」「バイプレイヤーズ」「アオイホノオ」「忘却のサチコ」と、結構クセの強い原作(がないものもあるけど)を、テイストを損なうことなく上手く作ってると思うもん。製作陣の皆様に心からありがとうと言いたい

…というワケで、こんな感じで今年もよろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

リメイク

大好きで大好きで、今でも「(原作も映画も)最高傑作!!」だと(ワタシの中で)揺るがない某作品が、先日“現代風に”リメイクされて放映されました。

…いや、イヤな予感はしてたんですよ

だって、“現代風”ってことはSNSとか出てくるワケで、そんなんが出てきたら面白さは半減どころか全滅するもんなぁ…でも一応、見ないとなー…と見たんですけどね(<ファンの鑑)。
いやー、別の意味で愕然としましたです。SNSなんか全然出てこない(スマホがあるにも関わらず、だ)。こーんなスゲぇ事件が起きてるのに(って言ったら、すぐに何の作品かバレますねー)、SNSはまるっと無視。絶対、ハッシュタグとか付いてフェイクが拡散だの何だのするだろーに。一体、何の為の“現代風”リメイクなのか?と。

…うっすい(=薄い)よな

薄いと言えば、キャスティングも薄い。映画はホント、えらく雰囲気のあるキャスティングで、「これ以上の俳優/女優はいない!!」ってくらいハマっていたのに…
演技力云々の問題じゃなくて(いや、それもあるけど)、何というか「存在感」とか「説得力」みたいなものを持ってる俳優/女優が全然いなかったなー…もう、台詞が台詞でしかないってゆーか、「台本通り喋ってます」感が凄いったらなかったなー。

至る所で脳内補完をして、約2時間。見終わった感想は「選りにも選って、何もこれをリメイクしなくても」でした。fbには「今回の製作陣はワタシに謝って欲しい」とまで書いちゃった、てへ
原作にも映画(特にこっち、監督が監督だけに)にも、相当濃くってコアなファンが多いのを知っててやったとしたら、こりゃもう(視聴率欲しさの)確信犯だな、としか思えなかったです。

…なるほど、テレビドラマが面白くないのはこーゆートコか、と納得しましたです。ここまで原作を軽くされちゃあ、小説家や漫画家だって(金になるけど)映像化したくないと思うワケだ。「原作は原作、ドラマはドラマですから」というエクスキューズは絶対に必要よね。
いや、最近、映像化を渋る小説家や漫画家が増えた…って話を聞いてたから、「金になるのにどーして?」と思ってたんだよね。その答えは、この作品が語ってくれたぜ
でもまあ、同じ日に放映された(アニメ化先行)某連続ドラマの最終回は…これまた判断に迷うトコだったけど(話のキモ、ばっさり切ってたもんなー)、ラストのラストが良かったので「これはアリ」だと。そこを見て「ああ、ワタシの望んでたラストシーンはこうだったのかー」と思いました。ほぼ原作通りだったのもポイントが高いです、うん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月11日 (火)

「一生分」とは

Dsc_0482

応募期間が終わったのでアップ

ちなみに「一生分」っておいくらだと思いますか? 意外なコトに、クイズハンターと同じ

100万円
(正確には1,003,577円)

なのですよ。で、この算出方法ですが、
 A:1世帯当たりの書籍・雑誌等への年間支出額(総務省 平成29年 家計調査より) 11,501円
 B:.女性の平均寿命:87.26年(男性は81.09年)(厚生労働省 平成29年 簡易生命表より)

A:11,501円×B:87.26年=1,003,577円

となるのだそうです(「honto 平成最後の読書一生分 100万ポイントが抽選で当たる!! キャンペーン」サイトより)。
この歳出方法を見て、ワタシ笑ってしまいました。だって、「1世帯当たりの(略)年間支出額」であるところの11,501円なんて、我が家では一週間で使い切ってしまいますもの。担当FPに驚かれ呆れられ引かれるくらい、ガンガン買って読んでます。正直、

100万ぽっちで一生分とは、片腹痛い

…が。人のサガというのは悲しいもので、100万に釣られて会員登録してしまいました貰えるモンなら貰っておきたいしなー。
まあ、一年で使い切ってやりますよ、100万くらい。有効期限が「2105年12月末まで」となってますが、(念のため)2020年末で充分。まず東京オリンピックまで持たないという自信もあるし。

しかし、「本、読むのも買うのも大好き」な家庭と世間一般とは、随分な(金額的)乖離があるのですね。こう、統計で出されてしまうと…うん、色々と思うトコロはある…けど!!
けどっ!! この間、fbで「○○という(そこそこ読み難い仏教的な)漢字、あっさり読めたのは××とか△△とかの本を読んでたおかげ」(××、△△は作家名)という話があったので、本は役に立つのですよ、思わぬトコロで。やっぱねー、知識はあるに越したことはないのです。何がどう役に立つのか判らないからこそ、本は読んでおくべきだと思うのですよ!!
…と、もっのすごーく自己弁護しているような、正当化しているような

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

暦の上では

Dsc_0473

ディセンバー
(でもハートはクリスマス)

師走は忙しい、街は慌しい。だーけどっ!!

Dsc_0471

…虚しい…

この間、テレビで「もうすぐクリスマス」というCMを見て、「まだ3週間もあるやん!!」とツッコんだものの、よぉぉぉぉっく考えたら年賀状の準備をしないと!! なんですよねぇ…あはは、クリスマスより先行ってんじゃん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月30日 (金)

無料とは

Dsc_0462

銀杏は落ちてませんでした…雄株?

上野公園では、この子らだけパキッ!! と色づいてました。あとは錆びてた
…ではなく。東京国立博物館の特別展「京都大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」に行ってきました。サントリー美術館の「京都・醍醐寺」展よりブツも多くて、

Dsc_0465

展示方法も面白かった
(10月30日以降の展示方法らしい)

六観音全てがこういう展示になってて、無類の光背好きとしてはもうタマらんかったです。多分、観音像より光背をずーっと見てた。
個人的には天王と羅刹の立像(6体)が、「まんま、フィギュアで欲しい~っ」ってくらい可愛くって、この絵葉書を買って帰るんだい!! と思ってたんだけど…なかった。やっぱ欠け欠けだからなのかなぁ、結構フォトジェニックな子達なのにぃ…と思いつつ、図録を買いましたです(でも、この図録の出来も良かったー!!)。
…というか、全体的に展示方法が素晴らしかったです。何とゆーか、空間の使い方がお見事!! としか。

で、平成館を出ると、「法隆寺宝物館 聖徳太子絵伝」という立て看板が目に入りまして、「入場無料だし時間もあるから、ちょっと寄ってみるべ」とふらりと行ったトコ、「お寺の宝物館」というイメージを覆す、とてもとてもスタイリッシュな建物が(画像はありません)。
「コレ、ホントニタダデイインデスカ?」と思わず思考まで片仮名になってしまうほど、展示もシックでシャープでオシャレでして

法隆寺宝物館、素晴らしすぎるっ!!

いやコレ、1500円くらい取ってもいいですよ? 入場無料とか勿体ない!! ってくらいの、めっけモンでしたまた行くぜーっ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月24日 (土)

曼荼羅

Pb240332

ちゃんと許可を取りました

祖母の三回忌で、お寺さんへ行ってきました。久々に会う親戚ズは…うん、大人は一様に確実に歳をとっており、子供は著しく成長しておる。
大人と子供の1年の違いを、まざまざと見せつけられました

…ではなく。お寺さんの話。ワタシの実家の菩提寺は、関東八十八ヵ所霊場第66番霊場の林光寺さんでして、こちらの本堂には曼荼羅があります。
これがですね、画ではなく、彫刻(?)なのです!! …いや、彫刻? いや、彫刻っつーか…彫ってある、のです。ぱっと見、画にしか見えないんですが(実際、母は画だと思ってた)、近くで見ると彫ってありましてですね。うん、彫刻でいーんでねぇか?
で、「いつか撮りたい」と思ってまして、土門拳や入江泰吉の写真集で(志だけは高く)予習してたとこ、そのチャンスが!! ようやく!! やってきたワケです。

いや、デジカメなんだけどね、機材

まあとにもかくにも、何とかこうして撮影できました。出来栄えは…あのちょっと…なんですけど。いえ、曼荼羅の下に多数のお供え物がありまして、寄りきれなかったのですよ…(←想定外)。
つ、次は!! 次こそはっ!! 寄り寄りでキレッキレの画像が撮れるように…はい、精進します…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

パワーアップ

Dsc_0442

メーター振り切る勢い

とある(ここんとこ、北海道を応援してくれてる)スーパーで見つけました。ソウルフードです…がっ!!

…ナンぼナンでも、これはどーだろ…?

一消費者としては「やっちまった感」しか。マインド道産子としては「さすが、ボクらの東洋水産!!」。しかも!! スープが一つしか付いてない…なかなか配分が難しいですよ、これは。
「せめてスープを二つにすれば…“何か(ブラウン?ソース?)の恋人”とかキャッチ付けて、恋人同士シェアして食べよっって売り方もあったろうに…」とか思いましたね。

…まあ、(面白いんで)買ったんですけど。全く後のことを考えてなかった…

しかし!! それでも3分でできますからねっ!!(←必死に良いトコを考えた)
「容量倍でも、お時間変わらず!!」 この容量なら5分はかかりますよ? それがたったの3分で!! 何てお得っ!! …一人で食べ切れればね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

量産、突入

Dsc_0448

乾燥3日目

今年もこのシーズンがやってきました!! ええ、和室掃除用の茶殻生産シーズンです!!
夏場は温かいものほ殆ど飲まないし(←これはこれで問題)、何より湿度が高くて乾燥させるのに不向き。ようやく温かいものを常飲するようになり、湿度もそこそこになってきたので、先日から量産態勢に入りました。
来年の春までガンガン飲んでガンガン乾燥させて

和室掃除一年分の茶殻を貯める

んだいっ!!

地味ですか? でも、色々試した結果、「“飲み終わったお茶っ葉を乾燥させたもの”が一番埃が取れる」って判っちゃったんだもん。古の人の知恵って、バカにしたもんじゃないです。ちなみに、和室掃除に掃除機は使いません。はたきと箒&塵取りのトラディショナルスタイル。
以来、ホット常飲シーズンになると、飲んでは乾燥させていたんですけど…いかんせん、ホット常飲シーズンが短い。和室掃除は通年なのに、ホット常飲シーズンはせいぜいが半年。このギャップを埋めるために、冬の間、それはそれは涙ぐましい努力(=竹ザル3つフル稼働)をしているのです。

…うん、この熱意を老後資金を貯めることにも向けたいです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«空に流氷